トップページ >エイズ・性感染症> 日本のエイズ患者1万人超・05年

日本のエイズ患者1万人超・05年

05年4月、厚生労働省のエイズ動向委員会によると、85年に第一号患者が認識されて以来、日本のエイズ患者が初めて一万人を超えました。


4月はじめまでに判明している感染者は6734人、患者は3336人で計10070人に達しています。


また、04年に新たに判明した感染者(780人)と患者(385人)数は1165人と初めて1000人の大台を突破し、これも過去最高を記録しました。


HIV感染者は東京都だけでも約3500人を数えます。
そのうち女性が三分の一弱を占めています。
同性愛者に多かったエイズも、最近は異性愛者間にも広がっています。


日本ではHIV 感染者数が増え続けていますね。


私はこの問題はもっと注目され、周知されるべき重大な問題だと思っています。
テレビやラジオでもCMも流されていますが、まだ不十分という印象があります。


HIV に関しては性的な内容が絡んでくるため、あまり大っぴらな教育などはしり込みされるのでしょうか?


私個人的には性教育はもっとオープンに語られるべきだと思っています。


エイズなど性感染症の問題に限らず、妊娠すること、親になることの社会的・道義的意味などはもっとしっかり子供に教えるべきです。


いつかは皆直面することですし、感染症を防ぐという意味でも教育しない手は無いように思うのですが。


楽天の性感染症検査キット一覧です
クラミジアや淋病、HIVなどの検査キットです。
購入者の感想も紹介されています。


今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ
今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ