トップページ >エイズ・性感染症> 台湾のエイズ事情・04年の流行

台湾のエイズ事情・04年の流行

台湾では2004年に爆発的なエイズの流行が起きました。
それまで低流行期だったにもかかわらず、です。
 

中国南部で起きた流行が拡大し、台湾に飛び火したのが主な原因と考えられています。


この台湾での爆発的流行は薬物使用者を中心に起きました。


日本でも薬物使用者は増加傾向にあるので、近い将来台湾のような爆発的流行が起こる可能性はあります。

早めに対処することと、エイズに関する知識をもっと広める必要があるでしょう。


これを受けて台湾保健省は05年の8月に、外国人に対する健康診断を強化しました。


東南アジアからの労働者および配偶者は台湾の出発前、台湾へ到着直後、そして滞在一定期間後の健康診断が義務づけられたのです。


台湾では東南アジアからの労働者が感染源のデング熱も流行しています。

この措置は主にデング熱を防ぐためのものですが、検査ではHIV、梅毒、結核、B型肝炎、寄生虫、梅毒、ハンセン病も同時に調べられます。


違反者に対してはビザの一時取り消し、もしくはその雇い主に罰金が課せられる可能性があるそうです。


特に、HIV感染が判明した後保険当局への通知を怠った場合はビザの延長が許可されないこともあるのだとか。


デング熱・HIVだけでなく、各種感染症が台湾で拡大するのを防ぐために台湾政府が本腰を入れ始めたということでしょう。


HIV/エイズと中国 感染者たちの挑戦 (寺子屋新書)
HIV/エイズと中国 感染者たちの挑戦 (寺子屋新書)


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ