トップページ >外国の健康トピック> アメリカの残業者と健康

アメリカの残業者と健康

アメリカの就業者11万人強を1987年から2000年にわたって調査した結果、残業をする人はケガをしたり病気になったりする確率が61%も高いことがわかりました。


1日12時間以上働く人は、傷害や病気のリスクが3分の1以上高くなり、週に60時間働く人は同様のリスクが23%高いことがわかりました。


日本でもサービス残業が問題になっています。


日本の企業はサービス残業を含めた長時間労働を強いる傾向が強いそうで、私の前の職場でもサービス残業は横行していました。


私は以前青果市場の店舗棟で自営業をやっていました。

テナントとして店舗を借りて、食品用の計量容器類を売っていたのです。
別のテナントにはいろんな店が入っており、一緒に仕事をしていました。


地元のちょっと大きめの企業もあり、そこでは「サービス残業が当たり前」の状態になっていました。


15時間くらい働くことが一月にしょっちゅうあり、社員さんはいつも疲れていました。


従業員の入れ替わりも当然激しく、朝入社して昼休みには辞めてしまう、なんて記録(?)もあったほどです。


その会社には私より5歳年下の男性も働いていましたが、私よりも老けて見えました。


体調も崩すことが多く(ヘビースモーカーでしたが・・・)、よくカゼをひいていました。
明らかに過労でした。


彼は5年ほどその会社に勤めてからやめてしまいました。
彼の奥さんが「身体を壊すからやめてくれ」と言ったのも一因だったようです・・・。


労働者の疲労・過労と健康 (働く者の労働安全衛生入門シリーズ)
労働者の疲労・過労と健康 (働く者の労働安全衛生入門シリーズ)


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ