トップページ >> 胃がんの進行のしかた

胃がんの進行のしかた

胃がんは胃壁の一番上のほうから発生し、だんだん下へと症状が進行していきます。


下へと進行するにつれて他の臓器やリンパ節に転移しやすくなります。


プロ野球ホークスの王監督も胃がんの手術を行っています。
王監督の腫瘍の大きさは約5cmで、胃の食道側入り口の約1.5cm下から胃の中部にかけて広がっていました。


腫瘍の一部は胃の粘膜下層まで達していましたが、早期がんと診断されています。


40歳以上の数百人に一人の割合で胃か食道にがんがあるといわれています。


いずれのがんも初期には自覚症状が無いので、40歳以上の人は定期健診を必ず受けるようにしましょう。


胃がんになりやすいかどうかをチェックするには次のような項目があります。


・親戚・家族に胃がんの人がいる
・喫煙習慣がある
・塩辛いものをよく食べる
・日常生活でストレスが多い
・胃の検査でピロリ菌がいるといわれたことがある


胃がんは早期に発見し治療を施せばほぼ全てといいほど完治します。


王監督も早期に発見され、手術で治療を施されてからはプロ野球監督としての激務をこなしています。


ただ、胃がんは発症しても自覚症状が非常に少ないのがやっかいなところです。


また、胃がんの一種のスキルスは転移が早いので危険です。
上のチェック項目にいくつかあてはまる場合は特に定期検診をすすんで受けるようにしましょう。


世界で一番やさしい 胃がん (知ってなおすシリーズ)
世界で一番やさしい 胃がん (知ってなおすシリーズ)


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ