トップページ >骨・関節> オスグット氏病 起こしやすいスポーツ 成長痛との違い

オスグット氏病 起こしやすいスポーツ 成長痛との違い

ひざを激しく使うスポーツ、サッカーやバスケットボールなどでは、オスグット氏病を引き起こすことがあります。


(オスグット氏病は正式名称をオスグッド・シュラッター病といいます)



12歳くらいになると、骨の発育スピードが筋肉の発育量よりも速いため、骨が筋肉を引っ張ることになります。


ひざのじん帯が、すねの骨に付着する部分を過度に牽引することによる刺激で炎症が起きます。これがオスグット氏病です。


「過度に牽引」する動作としてはダッシュ、キック、ジャンプなどの反復動作です。
スポーツでの動作が原因となっているため、成長痛とは異なります。


膝を曲げたときに痛みが生じ、症状が重い場合は患部に触れるだけでも痛みを感じることがあります。


次のようなスポーツにはオスグット氏病が起こりやすいとされています。


バレーボール バスケットボール サッカー 器械体操 野球 陸上競技 テニス


オスグット氏病になったら、スポーツなどの運動は中止します。

また、正座もよくありません。


痛みがあるのにスポーツ活動を続けると、野球ひじの場合と同様に、骨が離脱する場合もあります。


治療法としては鍼治療、レーザー治療、温熱療法などがあり、大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)のストレッチなども効果があります。


オスグット氏病対策ストラップなど


ソルボDo オスグッド・シュラッターバンド M ブラック(膝(ひざ)用サポーター)
ソルボDo オスグッド・シュラッターバンド M ブラック(膝(ひざ)用サポーター)


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ