トップページ >肥満遺伝子> 肥満遺伝子リンゴ型なら 体型・嗜好の特徴やダイエット対策など

肥満遺伝子リンゴ型なら 体型・嗜好の特徴やダイエット対策など

日本人の約34%を占めるリンゴ型は、内臓脂肪がつきやすく、お腹がポッコリ出るのが特徴です。

お腹が出る反面、脚が細くなりがちです。
糖尿病や脂肪肝などのリスクが高くなる傾向もあります。


ご飯、パン、めん類、ビールなどの糖質に目が無いのですが、ダイエットするには
好物である糖質を減らす必要があります。


いわゆる「低炭水化物ダイエット」が有効だと考えられます。


ちなみに管理人はこのリンゴ型ではないかと考えています(検査などで調べたわけではないのですが・・・)。

ご飯もめん類も大好きですし、ビールもよく飲みます。


以前「なんちゃって低炭水化物ダイエット」をやったことがあり、炭水化物をカットした時期があります。


カットしたといっても炭水化物をゼロにしたわけではなく、ただ摂取量を減らしただけ(定食屋で食べるご飯を中から小にする、といった程度)だったのですが、かなり辛かったことを覚えています。


そういえば、食事で炭水化物を減らすとやたらビールを飲みたくなってました。
よくしたもので、糖分を補給しようとしていたのでしょう。


ちなみに、リンゴ型の人はお腹がすいてくるとイライラするんだそうです。
(私もイライラします・・・)


反面、普段の性格は温厚な人が多いのだとか。


「最近ズボンのウエストがきつくなってきた」なら、糖質を減らすのが効率よいダイエット法かもしれません。


DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット
DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ