トップページ >肥満遺伝子> 肥満遺伝子洋ナシ型なら 体型の特徴や食事の嗜好、ダイエット対策など

肥満遺伝子洋ナシ型なら 体型の特徴や食事の嗜好、ダイエット対策など

洋ナシ型は日本人の約25%を占めるといわれています。

女性には洋ナシ型の人が多いようです。

皮下脂肪が多くなるのが特徴で、特に女性の場合はお尻や太ももに皮下脂肪がつく「下半身太り」になりやすいです。


反面、上半身は細めです。その体型から、「洋ナシ型」と名づけられています。


ちなみに、性格はガンコで真面目な人が多いそうです。


肉、揚げ物、ケーキのクリームなどの脂肪分が大好きなのですが、ダイエットするにはこの脂肪分を制限しなくてはいけません。


食事でも脂肪分カットを心がけて、野菜を多く食べましょう。


女性は婦人科系の病気リスクが高まってしまうので、「服のヒップあたりが最近キツイ…」という場合は脂肪分の制限を意識する必要があるかもしれません。


脂肪分は筋肉で燃焼するので、筋肉をつけるための無酸素運動にもチャレンジしてみましょう。
簡単なスクワットや、ウエイトを使った筋肉トレーニングもおすすめです。


管理人個人的には、かかとを上げ下げする「カーフレイズ」という運動がおすすめです。


ふくらはぎに筋肉がつくので、脂肪燃焼だけでなくむくみ解消効果も期待できるのです。
特に女性には一石二鳥でしょう。


女性は体に筋肉がつくことを嫌がる傾向がありますが、一般のトレーニングであればムキムキになることはありません。


筋肉不足で肥満が進行してしまうほうがよほど深刻といえないでしょうか。


DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット
DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ