トップページ >肥満遺伝子> 肥満遺伝子バナナ型なら 特徴やダイエットの対策など

肥満遺伝子バナナ型なら 特徴やダイエットの対策など

バナナ型の遺伝子を持つ人は日本人の約16%を占めます。


野菜や魚介類、豆腐などのさっぱりしたものが好物です。
油っこいもの、甘いものは苦手という人が多いとされています。


食べてもやせていることが多いのですが、筋肉量が少ないのが玉にキズです。


太っている場合は、体の特定部位が太っている(ウエスト周りに脂肪がついている、あるいは腰や太ももが太くなっている、など)ことはあまりなく、全体的に太め、というケースが多くなります。


バナナ型の人は一度太るとやせにくく、また低血圧やうつ病のリスクが高くなるので注意が必要です。
ちなみに、バナナ型には神経質な人が多いのだとか。


一度太るとやせにくいのは、筋肉量が少ないので基礎代謝が低いことが一因と言えそうです。


肥満を避けるには、筋肉のもとになるたんぱく質を多めに摂取して、筋肉をつける運動を心がけると良いでしょう。


食事ではたんぱく質を優先的に食べて、ご飯やパンなどの主食は後回しにするのがおすすめです。
おかずは多めにして、主食は控えめにしましょう。


たんぱく質を摂取するだけではもちろんだめで、筋肉をつけるための運動をしなくてはいけません。
ウエイトを使った筋肉トレーニングなどの無酸素運動も行う必要があるでしょう。


同時にウォーキングや水泳などの有酸素運動を行えば鬼に金棒です。


遺伝子の検査でわかること (メディカルサイエンスシリーズ)
遺伝子の検査でわかること (メディカルサイエンスシリーズ)


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ