トップページ >ゴルファー> 横峯さくら選手と間食

横峯さくら選手と間食

プロゴルファーの横峯さくら選手は、以前はとても間食が多かったそうです。
菓子類を良く食べて過度の糖分を摂取していました。

しかし06年7月後半の2週間、トライアスロン式の猛トレーニングの後からは間食を全くしなくなり、2kgの減量、さらには肌もきれいになりました。


本人いわく「(菓子類を買ってはいるけど)いいや、って感じで食べる気にならない」そうです。


別エントリーでも紹介しているように、横峯選手の父良郎氏は選手の食事・栄養には大変気を使っています。


良郎氏が造ったゴルフスクール「さくらゴルフアカデミー」の寮では、食事は白米ではなく玄米が出てきます。


メニューに肉類はあまり登場せず、和食がメインの構成になっています。


良郎氏は


「日本人の若いゴルフ選手が海外でいまひとつ活躍できないのは、食事にも一因がある。
日本人は添加物まみれのものばかり食べているので、外国人選手に比べると基本的な体力が劣っている。

体力が衰えているとここ一番での精神力・集中力も出なくなってしまうので、結果的にゴルフでも負けてしまう」


という主旨の発言をしたことがあります。


これだけ食事には気をつけている横峯選手ですが、過去には食事が原因で試合を欠場したことがあります。


その試合とは06年の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で、この大会の前に参加したヨーロッパ遠征でお腹をこわしたのが原因です。


良郎さんは、欧州遠征で飲んだ100%のオレンジジュースにあたったのではないかと考えています。
横峯選手はヨーロッパでの体調管理に気を使って、生水はおろか生野菜も食べなかったそうです。


ただジュースだけは100%タイプのを飲んでいて、しかも日本のとは違い殺菌してありませんでした。


ゴルフblog人気ランキングへ


栗山米菓 間食健美(黒ごま) 96g×12袋
栗山米菓 間食健美(黒ごま) 96g×12袋


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ