トップページ >肥満遺伝子> 肥満遺伝子型を意識してダイエットすると 実践例と効果など

肥満遺伝子型を意識してダイエットすると 実践例と効果など

Aさんは、以前メディアでとりあげられた「低炭水化物ダイエット」にとりくみました。

1ヵ月間ご飯の量を減らして頑張った結果、体重は2kg減って、一応の成果が出ました。
しかし、ニキビが増えてしまって、いまひとつ体調もすぐれません。


あるときAさんは「遺伝子型ダイエット」の存在を知ります。
ごく簡単な検査で自分の肥満遺伝子型を知り、それを基に自分に合うダイエットを行うもの。


検査キットを業者に送ってから約一週間後、「脂肪の摂取量を減らすこと」などのアドバイスが届きました。


アドバイスに従って脂肪の摂取量を減らしたところ、わずか一ヶ月で体重が5kg、ウエストが8cmも減りました。


体脂肪率も34%から30%を切るまでに。ニキビもきれいに消えたそうです。


このように、自分の肥満遺伝子型を知るのと知らないのではダイエットの効率に大きな差が出ます。


Aさんの場合は洋ナシ型の遺伝子だったと考えられます。


人間の肥満遺伝子のタイプは大きく「リンゴ型」「洋なし型」「バナナ型」の3つに分類されます。
それぞれのタイプに合わせて食事や運動を組み合わせるとダイエットの成果や効率があがります。


肥満の原因で、遺伝子の影響によるものは7割で、残りの3割は生活習慣と言われています。
遺伝子の影響は非常に大きいと言えるでしょう。


肥満遺伝子は体格や食事の志向に現れやすく、それらの傾向からある程度は自分の遺伝子タイプを特定できます。


遺伝子型ダイエット
遺伝子型ダイエット


楽天で最も感想の多かった肥満遺伝子検査キット
キットを購入した人のコメントも紹介されています。



健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ