トップページ >肥満遺伝子> 肥満遺伝子検査キット 使い方など

肥満遺伝子検査キット 使い方など

肥満遺伝子を正確に知るには「肥満遺伝子検査キット」を使う必要があります。

口の中を綿棒でこすり、業者に送ると、遺伝子型の調査結果が一週間ほどで返送されます。


ネット上で販売されており、一部店舗でも取り扱いがあるようです。
相場は一キットあたり三万円ほどです。


ちょっとお高いようですが、遺伝子は一生変わらないので、調べるのは生涯一度きり。
一度調べておけばこれから一生分のダイエットの方向性が決められるわけです。


「ジェネシスヘルスケア」さんの遺伝子検査キット説明文を引用してみます。

↓ここから

検査の流れ
プログラムチェックリスト、肥満遺伝子検査同意書に記入


お客様ご自身で唾液を採取


返送用封筒で返送(*採取用綿棒(ケースに入れる)、プログラムチェックリスト、肥満遺伝子検査同意書を返送用封筒に入れて返送。


肥満遺伝子検査

約1週間後に検査結果をお届け


検体採取方法
口の中を2回、水でよくすすいでください。


容器から採取綿棒を取り出してください。(容器のキャップを回しながら開けます)

「ほほ」の内側に採取綿棒の綿部を強く押しあて、「ほほの内側の細胞」がしっかりと綿部全体に採取できるように採取綿棒を20回ぐらい回転させてください。


同様に、同じ側の「ほほ」の別の位置で3ヶ所ほど採取してください。
反対側の「ほほ」も、3と同じ操作を同じ採取綿棒で行ってください。


採取綿棒の綿部を室温で10分ほど放置し、乾かしてください。(必ず行ってください。乾燥させている間は、綿部が何かに触れないようにしてください)

乾いた採取綿棒を元の容器に入れ、キャップをしてください。


↑引用ここまで


「いまひとつダイエットの効率が悪い」という場合は一度調べてみてはいかがでしょう。


DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット
DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット


楽天で最も感想の多かった肥満遺伝子検査キット
使用した人のコメントが多い順に紹介されています。
上のジェネシスヘルスケアさんの検査キットについてのコメントもあります。


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ