トップページ >肥満遺伝子> 肥満遺伝子とは

肥満遺伝子とは

私たちの体は、両親から受け継いだ遺伝子を元に作られています。体格や容姿などの特徴が親に似てくるのもそのためです。


この遺伝子の中には太りやすさ・太り方を決めるものも含まれており、これが肥満遺伝子と呼ばれています。


いわば「太り方の特徴を決める」遺伝子ですね。現在までに、50種類ほどの肥満遺伝子が発見されています。


肥満遺伝子が発見されたきっかけは、アメリカのアリゾナ州のピマインディアンという民族の遺伝子を調べたことです。


その民族には肥満や糖尿病が非常に多く(7~8割)、その原因を調査した結果、約半数の人から遺伝子に変異のある事が分かったのです。


日本人に多い肥満遺伝子は

リンゴ型(ベータ3AR遺伝子)
洋ナシ型(UCP1遺伝子)
バナナ型(ベータ2AR遺伝子)

の3つです。


日本人の75%は、これら3つのうち少なくとも1つを持っているといわれています。2つ以上持っている人も2~3%いるそうです。


これらの遺伝子は「太り方の特徴」、つまり「体のどこに脂肪がつきやすいか」「どんな食べ物を食べると太りやすいか」に関わってきます。


それぞれの遺伝子型に対応したダイエットをしないと、思うような成果が上がりません。


ヒト体質DNA検査(遺伝子検査)キット「肥満3項目」
ヒト体質DNA検査(遺伝子検査)キット「肥満3項目」


楽天で最も感想の多かった肥満遺伝子検査キット
購入者のコメントも紹介されています。


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ