インフルエンザウイルスの呼び名「H○N○」とは

インフルエンザが流行する時期になると、ウイルスを「H○N○型」といった型式で呼ぶことがあります。


この「H」と「N」はそれぞれ

「ヘマグルチニン」
「ノイラミニダーゼ」

という二つのたんぱく質の頭文字をとったものです。
Hには16種類、Nには9種類あり、組み合わせによってH5N1型(鳥インフルエンザ)などと呼ばれます。
鳥インフルエンザのH5、H7、H9型は毒性が強いことで知られています。


「インフルエンザ」って、16世紀のイタリアでつけられた名前なんだそうです。
毎年冬になると流行することから、寒気や天体の運行がインフルエンザの発生に影響しているのではないかと当時は考えられていました。

そこで、「影響」を意味するラテン語にちなんでこの病気をインフルエンザと名づけられたそうです。


インフルエンザは日本には江戸時代、長崎へ最初に上陸し、その後何度か全国的に流行しました。
日本では「谷風」「お七かぜ」「琉球風」「お駒風」といった、当時の世相から名前がつけられました。
「インフルエンザ」の名前が蘭学者によりもたらされたのは幕末で、「流行性感冒」の訳があてられました。


インフルエンザを防ぐ方法としてワクチンの予防接種があります。

予防接種の効果は自分が持っている免疫力の強さに比例します。
そのため若い年代の人には高い効果を発揮しますが、子供や高齢者で免疫力が弱っているとワクチンの効果が低くなってしまいます。


また若い人でも過労や睡眠不足、偏食などが続くと免疫力が弱くなるので若くても不摂生な生活が続くとワクチンの効果が弱くなるのです。


こうした理由から、ワクチンを摂取したからといってもインフルエンザ感染を100%防げるわけではありません。


↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

腸管アデノウィルス胃腸炎とは

腸管アデノウイルス胃腸炎は、主に乳幼児がかかります。


「アデノ」とは扁桃腺やリンパ節を意味しているそうで、アデノウイルスは扁桃腺やリンパ節の中に潜伏します。


潜伏期間は5日~1週間ほどで、唾液の飛沫、便のほか、涙や鼻水も感染経路になります。
アデノウイルス感染は季節を問わず、一年中発生します。

症状は下痢、発熱、嘔吐、結膜炎、肺炎などです。排泄物には10~14日間ウイルスが混じります。


腸管アデノウイルス胃腸炎は迅速に診断する検査法があり、その場で簡単に診断できます。
ちなみにノロウイルス胃腸炎は07年2月現在、迅速に診断する方法がありません。


アデノウイルス感染は夏にプール熱として流行することがあり、その際には発熱が3日~1週間続き、目やに、目の充血、扁桃腺の腫れといった症状が出ます。

プール以外でも感染するので、子供が外出から帰ったらうがい、手洗いを励行させましょう。


他のウイルス感染同様、特効薬は無く、対症療法を施すしかありません。


各種内服薬や目の痛みや充血がひどい場合は点眼薬、脱水対策や栄養補給で点滴をうつなどの処置を行います。


唾液でも感染するため、家族に感染者が出た場合はコップなどの食器やタオルの共有は避けましょう。
またアデノウイルス感染では主な症状が消えた後でも2日間は出席停止になります。


楽天のアデノウイルス対策グッズ一覧です
リンク作成時には消毒薬やマスクが紹介されています。
購入者のコメントもあります。


小児感染症―最新カレンダー&マップ (小児科臨床ピクシス)
小児感染症―最新カレンダー&マップ (小児科臨床ピクシス)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

アストロウイルス胃腸炎とは

アストロウイルスの「アストロ」とは宇宙の意味であり、これは電子顕微鏡で見るとウイルスの形が星に似ていることからつけられました。


アストロウイルス胃腸炎は乳幼児や老人など免疫力が低下している人がかかりやすいですが、ノロウイルスやロタウイルスに比べると症状は比較的軽めです。


冬期に感染することが多く、冬期のウイルス性胃腸炎の5~10%はアストロウイルスによって引き起こされます。


症状が軽めとは言え、大規模な集団中毒症状を発生させるため油断はなりません。

乳幼児だけでなく免疫力の落ちている老人にも感染するため、老人養護施設などでもアストロウイルスによる集団感染が発生することがあります。


潜伏期間は1日~2日で、下痢、おう吐、腹痛、発熱が主な症状で、ウイルスの排泄は2週間ほど続きます。


ロタウイルス、アデノウイルスなどの感染と同様に、アストロウイルスによる下痢では下痢止めを使用してはいけません。


下痢は体内のウイルスを出す現象なので、下痢を止めてしまうとウイルスをわざわざ体内に保管してしまうようなものです。


脱水症状に気をつけて安静にし、体の治癒力に任せて治すしかありません。


水分を摂取する際は一度にたくさん飲んではダメです。一度に大量に飲むと吐いてしまいます。
少しずつ何度も飲みましょう。


子供に飲ませる時にはスプーンで少しずつ飲ませるケースもあります。


★プロ仕様★ ウイルス 花粉対策 !! 抗ウイルス 空気清浄機 「プロヘルスケア」 ≪インフルエンザ・ノロウイルス・溶連菌・花粉・花粉症・消臭対策に!≫
★プロ仕様★ ウイルス 花粉対策 !! 抗ウイルス 空気清浄機 「プロヘルスケア」 ≪インフルエンザ・ノロウイルス・溶連菌・花粉・花粉症・消臭対策に!≫

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

ロタウイルス胃腸炎とは 症状・潜伏期間など

ロタウイルス胃腸炎は主に乳幼児がかかります。
5歳までにはほとんどの子供が感染するといわれています。


ロタウイルスは冬から春先にかけて感染が増加します。感染力は非常に強く、10個以下のウイルスでも感染が起こります。


感染後、1日から3日の潜伏期間を経て発症します。
ウイルス性胃腸炎の中ではもっとも重症化しやすいので注意が必要です。

白色の水様性下痢が出るのが症状の特徴で、おう吐、発熱、腹痛、高熱、けいれんを伴うことがあります。


発熱は半日ほどで治まることがほとんどで、二日以上続くことはほとんどありません。


下痢などの症状は5~7日続くことがあります。下痢が続く場合、特に乳幼児は脱水症状に気をつけなければいけません。

イオン飲料などをこまめに飲ませましょう。


子供の下痢が続くと不安になりますが、下痢止め薬は使用しません。
下痢は文字通りウイルスの排泄行為だからです。


感染者の便中には1週間ほどウイルスが混じり、その数は10億~100億個と多量です。
前述のようにわずか10個ほどでも感染するため、感染者の便(吐しゃ物も)の処理などには細心の注意が必要です。


処理に使用した用具類(手袋など)は使い捨てできるものを選びましょう。
子供が使用したおもちゃ類を殺菌するなら、


85℃以上の熱湯で1分以上加熱する
市販の塩素系漂白剤を50倍に薄めたものに浸ける


といった方法があります。


楽天のロタウイルス対策グッズ一覧です
主に除菌剤が紹介されています。
購入者のコメントも紹介されています。


薄めて使う アンチウイルスアクア 詰め替え用2パックとスプレー1本のセット ノロウイルス、ロタウイルス、マイコプラズマ、インフルエンザなどの除菌に
薄めて使う アンチウイルスアクア 詰め替え用2パックとスプレー1本のセット ノロウイルス、ロタウイルス、マイコプラズマ、インフルエンザなどの除菌に

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

ノロウイルス胃腸炎とは 潜伏期間・症状など

ノロウイルス胃腸炎は乳幼児から老人まで感染し、感染すると数時間から、長くても2日くらいの潜伏期間を経て発症します。

主な症状は吐き気、おう吐、下痢で便に血液が混じることはまれです。


腹痛、頭痛、発熱、悪寒、筋肉痛、咽頭痛などを伴うこともありますが、熱はあまり高くなりません。


小さい子供には嘔吐が多く、成人は下痢の症状が多いようです。
嘔吐・下痢ともに1日数回から10回以上も続く時があります。嘔吐物に緑色の胆汁が混じる場合も。


症状は数時間から数日(1~2日)続いた後回復に向かいますが、高齢者などは重症化するおそれがあるので油断なりません。


吐しゃ物や排泄物には7~10日間ノロウイルスが大量に混じります。
そのため、これらの処理を行った際には二次感染しないよう細心の注意が必要です。


ノロウイルスの感染予防の第一は手洗いですが、せっけん自体にはノロウイルスの活動を止める作用はありません。
しかしウイルスを手から流し落とすことができるのでせっけんは必ず行いましょう。


ノロウイルスによる食中毒を防ぐには、食品の中心温度を85℃以上にして1分間以上の加熱を行えば有効とされています。
食器や調理器具を殺菌する際には熱湯(85℃以上)か塩素による殺菌が有効とされています。
さらに念をいれるなら、二枚貝を調理する器具は専用のものだけを使うと良いでしょう。


楽天のノロウイルス対策グッズ(消毒剤・除菌剤など)一覧です
主に消毒剤が紹介されています。
「ノロウイルスに家族で感染してしまったので購入した」というコメントも紹介されています。


安全 無害 ノンアルコール 除菌、消臭、ノロウイルス対策、インフルエンザにDr.(ドクター)サポート【スプレー】500ml うがいにも
安全 無害 ノンアルコール 除菌、消臭、ノロウイルス対策、インフルエンザにDr.(ドクター)サポート【スプレー】500ml うがいにも

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ