肥満遺伝子リンゴ型なら 体型・嗜好の特徴やダイエット対策など

日本人の約34%を占めるリンゴ型は、内臓脂肪がつきやすく、お腹がポッコリ出るのが特徴です。

お腹が出る反面、脚が細くなりがちです。
糖尿病や脂肪肝などのリスクが高くなる傾向もあります。


ご飯、パン、めん類、ビールなどの糖質に目が無いのですが、ダイエットするには
好物である糖質を減らす必要があります。


いわゆる「低炭水化物ダイエット」が有効だと考えられます。


ちなみに管理人はこのリンゴ型ではないかと考えています(検査などで調べたわけではないのですが・・・)。

ご飯もめん類も大好きですし、ビールもよく飲みます。


以前「なんちゃって低炭水化物ダイエット」をやったことがあり、炭水化物をカットした時期があります。


カットしたといっても炭水化物をゼロにしたわけではなく、ただ摂取量を減らしただけ(定食屋で食べるご飯を中から小にする、といった程度)だったのですが、かなり辛かったことを覚えています。


そういえば、食事で炭水化物を減らすとやたらビールを飲みたくなってました。
よくしたもので、糖分を補給しようとしていたのでしょう。


ちなみに、リンゴ型の人はお腹がすいてくるとイライラするんだそうです。
(私もイライラします・・・)


反面、普段の性格は温厚な人が多いのだとか。


「最近ズボンのウエストがきつくなってきた」なら、糖質を減らすのが効率よいダイエット法かもしれません。


DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット
DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

肥満遺伝子洋ナシ型なら 体型の特徴や食事の嗜好、ダイエット対策など

洋ナシ型は日本人の約25%を占めるといわれています。

女性には洋ナシ型の人が多いようです。

皮下脂肪が多くなるのが特徴で、特に女性の場合はお尻や太ももに皮下脂肪がつく「下半身太り」になりやすいです。


反面、上半身は細めです。その体型から、「洋ナシ型」と名づけられています。


ちなみに、性格はガンコで真面目な人が多いそうです。


肉、揚げ物、ケーキのクリームなどの脂肪分が大好きなのですが、ダイエットするにはこの脂肪分を制限しなくてはいけません。


食事でも脂肪分カットを心がけて、野菜を多く食べましょう。


女性は婦人科系の病気リスクが高まってしまうので、「服のヒップあたりが最近キツイ…」という場合は脂肪分の制限を意識する必要があるかもしれません。


脂肪分は筋肉で燃焼するので、筋肉をつけるための無酸素運動にもチャレンジしてみましょう。
簡単なスクワットや、ウエイトを使った筋肉トレーニングもおすすめです。


管理人個人的には、かかとを上げ下げする「カーフレイズ」という運動がおすすめです。


ふくらはぎに筋肉がつくので、脂肪燃焼だけでなくむくみ解消効果も期待できるのです。
特に女性には一石二鳥でしょう。


女性は体に筋肉がつくことを嫌がる傾向がありますが、一般のトレーニングであればムキムキになることはありません。


筋肉不足で肥満が進行してしまうほうがよほど深刻といえないでしょうか。


DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット
DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

肥満遺伝子バナナ型なら 特徴やダイエットの対策など

バナナ型の遺伝子を持つ人は日本人の約16%を占めます。


野菜や魚介類、豆腐などのさっぱりしたものが好物です。
油っこいもの、甘いものは苦手という人が多いとされています。


食べてもやせていることが多いのですが、筋肉量が少ないのが玉にキズです。


太っている場合は、体の特定部位が太っている(ウエスト周りに脂肪がついている、あるいは腰や太ももが太くなっている、など)ことはあまりなく、全体的に太め、というケースが多くなります。


バナナ型の人は一度太るとやせにくく、また低血圧やうつ病のリスクが高くなるので注意が必要です。
ちなみに、バナナ型には神経質な人が多いのだとか。


一度太るとやせにくいのは、筋肉量が少ないので基礎代謝が低いことが一因と言えそうです。


肥満を避けるには、筋肉のもとになるたんぱく質を多めに摂取して、筋肉をつける運動を心がけると良いでしょう。


食事ではたんぱく質を優先的に食べて、ご飯やパンなどの主食は後回しにするのがおすすめです。
おかずは多めにして、主食は控えめにしましょう。


たんぱく質を摂取するだけではもちろんだめで、筋肉をつけるための運動をしなくてはいけません。
ウエイトを使った筋肉トレーニングなどの無酸素運動も行う必要があるでしょう。


同時にウォーキングや水泳などの有酸素運動を行えば鬼に金棒です。


遺伝子の検査でわかること (メディカルサイエンスシリーズ)
遺伝子の検査でわかること (メディカルサイエンスシリーズ)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

肥満遺伝子型を意識してダイエットすると 実践例と効果など

Aさんは、以前メディアでとりあげられた「低炭水化物ダイエット」にとりくみました。

1ヵ月間ご飯の量を減らして頑張った結果、体重は2kg減って、一応の成果が出ました。
しかし、ニキビが増えてしまって、いまひとつ体調もすぐれません。


あるときAさんは「遺伝子型ダイエット」の存在を知ります。
ごく簡単な検査で自分の肥満遺伝子型を知り、それを基に自分に合うダイエットを行うもの。


検査キットを業者に送ってから約一週間後、「脂肪の摂取量を減らすこと」などのアドバイスが届きました。


アドバイスに従って脂肪の摂取量を減らしたところ、わずか一ヶ月で体重が5kg、ウエストが8cmも減りました。


体脂肪率も34%から30%を切るまでに。ニキビもきれいに消えたそうです。


このように、自分の肥満遺伝子型を知るのと知らないのではダイエットの効率に大きな差が出ます。


Aさんの場合は洋ナシ型の遺伝子だったと考えられます。


人間の肥満遺伝子のタイプは大きく「リンゴ型」「洋なし型」「バナナ型」の3つに分類されます。
それぞれのタイプに合わせて食事や運動を組み合わせるとダイエットの成果や効率があがります。


肥満の原因で、遺伝子の影響によるものは7割で、残りの3割は生活習慣と言われています。
遺伝子の影響は非常に大きいと言えるでしょう。


肥満遺伝子は体格や食事の志向に現れやすく、それらの傾向からある程度は自分の遺伝子タイプを特定できます。


遺伝子型ダイエット
遺伝子型ダイエット


楽天で最も感想の多かった肥満遺伝子検査キット
キットを購入した人のコメントも紹介されています。


↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

肥満遺伝子検査キット 使い方など

肥満遺伝子を正確に知るには「肥満遺伝子検査キット」を使う必要があります。

口の中を綿棒でこすり、業者に送ると、遺伝子型の調査結果が一週間ほどで返送されます。


ネット上で販売されており、一部店舗でも取り扱いがあるようです。
相場は一キットあたり三万円ほどです。


ちょっとお高いようですが、遺伝子は一生変わらないので、調べるのは生涯一度きり。
一度調べておけばこれから一生分のダイエットの方向性が決められるわけです。


「ジェネシスヘルスケア」さんの遺伝子検査キット説明文を引用してみます。

↓ここから

検査の流れ
プログラムチェックリスト、肥満遺伝子検査同意書に記入


お客様ご自身で唾液を採取


返送用封筒で返送(*採取用綿棒(ケースに入れる)、プログラムチェックリスト、肥満遺伝子検査同意書を返送用封筒に入れて返送。


肥満遺伝子検査

約1週間後に検査結果をお届け


検体採取方法
口の中を2回、水でよくすすいでください。


容器から採取綿棒を取り出してください。(容器のキャップを回しながら開けます)

「ほほ」の内側に採取綿棒の綿部を強く押しあて、「ほほの内側の細胞」がしっかりと綿部全体に採取できるように採取綿棒を20回ぐらい回転させてください。


同様に、同じ側の「ほほ」の別の位置で3ヶ所ほど採取してください。
反対側の「ほほ」も、3と同じ操作を同じ採取綿棒で行ってください。


採取綿棒の綿部を室温で10分ほど放置し、乾かしてください。(必ず行ってください。乾燥させている間は、綿部が何かに触れないようにしてください)

乾いた採取綿棒を元の容器に入れ、キャップをしてください。


↑引用ここまで


「いまひとつダイエットの効率が悪い」という場合は一度調べてみてはいかがでしょう。


DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット
DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット


楽天で最も感想の多かった肥満遺伝子検査キット
使用した人のコメントが多い順に紹介されています。
上のジェネシスヘルスケアさんの検査キットについてのコメントもあります。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

肥満遺伝子とは

私たちの体は、両親から受け継いだ遺伝子を元に作られています。体格や容姿などの特徴が親に似てくるのもそのためです。


この遺伝子の中には太りやすさ・太り方を決めるものも含まれており、これが肥満遺伝子と呼ばれています。


いわば「太り方の特徴を決める」遺伝子ですね。現在までに、50種類ほどの肥満遺伝子が発見されています。


肥満遺伝子が発見されたきっかけは、アメリカのアリゾナ州のピマインディアンという民族の遺伝子を調べたことです。


その民族には肥満や糖尿病が非常に多く(7~8割)、その原因を調査した結果、約半数の人から遺伝子に変異のある事が分かったのです。


日本人に多い肥満遺伝子は

リンゴ型(ベータ3AR遺伝子)
洋ナシ型(UCP1遺伝子)
バナナ型(ベータ2AR遺伝子)

の3つです。


日本人の75%は、これら3つのうち少なくとも1つを持っているといわれています。2つ以上持っている人も2~3%いるそうです。


これらの遺伝子は「太り方の特徴」、つまり「体のどこに脂肪がつきやすいか」「どんな食べ物を食べると太りやすいか」に関わってきます。


それぞれの遺伝子型に対応したダイエットをしないと、思うような成果が上がりません。


ヒト体質DNA検査(遺伝子検査)キット「肥満3項目」
ヒト体質DNA検査(遺伝子検査)キット「肥満3項目」


楽天で最も感想の多かった肥満遺伝子検査キット
購入者のコメントも紹介されています。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

肥満遺伝子型の簡単な判別法その2 好みの食べ物

肥満遺伝子の型は、どんな食べ物を好むかでもある程度の判別がつきます。

リンゴ型の人は、糖質を好む傾向があります。
つまりご飯やめん類の穀物類、ビールなどが大好きなわけです。

(管理人は個人的にリンゴ型ではないかと思っています。まだ調べたことはないのですが・・・)


しかしリンゴ型の遺伝子を持つ人の体は、糖質を利用する効率が悪いのです。


食べ物で吸収されても、消費されずに残る糖質が多いんですね。
食べた糖質が余って血糖値が高くなりやすいというわけです。


洋ナシ型の人は肉や揚げ物といった油っこいもの、クリームなどの脂肪分を好みます。


バナナ型の人は野菜、魚介類などさっぱりしたものが好きです。


一見健康そうですが、たんぱく質が不足しがちになるので筋肉があまりつきません。
基礎代謝が低いため一度太るとなかなかやせない体になってしまいます。


やっかいなのは、リンゴ型にしても洋ナシ型にしても、ダイエットのためには好きな食べ物を制限する必要があることです。


つまりリンゴ型の人は糖質を、洋ナシ型は脂肪を減らす必要があります。


好きな食べ物を減らさなくてはならないのでダイエットは辛いんですね…。

バナナ型の人はたんぱく質を増やすことが大事です。


DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット
DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

肥満遺伝子型の簡単な判別法

自分の肥満遺伝子型を正確に知るには検査キットを使う必要がありますが、太り方などである程度の判別ができます。

リンゴ型の人は内臓脂肪がつきやすく、太るとお腹が出てきます。
ですから、太ってくるとジーンズなどのウエストがきつくなってくるのです。


洋ナシ型の人は皮下脂肪がつきやすく、下半身太りになりやすいのが特徴です。
太ってからズボンをはくと太ももやお尻がパンパンになり、ウエストまで上がらなくなることも。


バナナ型は食べても太らないことが多いようです。


基本的に「やせ体質」なのですが、筋肉量が少ないため一度太ると、ダイエットしても他のタイプよりやせにくいという特徴があります。


これらの特徴は複合している場合もあるため、一概には言えませんがある程度の目安にはなるでしょう。


ちなみに、お笑い芸人ネプチューンの原田さんは変異した肥満遺伝子が全くないタイプなんだそうです。


こういった人は太りにくい体質であり、日本人には3%しかいないのだとか。
ネプチューンがMCをつとめていた科学バラエティー番組「ネプ理科」で明らかになりました。


楽天で最も感想の多かった肥満遺伝子検査キット
購入者の感想が多かった順に紹介されています。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ