透析患者30万人突破 年間増加数や医療費など各種数値紹介

昨年(2012年)10月に報じられた件なのでちょっと古い話題ですが。


日本透析医学会の集計によると、慢性透析患者数が2011年末で初めて30万人を超えたそうです。


透析を受けることになった原因は、ご多分にもれず糖尿病性腎症が最多でした。

この集計で明らかになった各種数値を紹介します。


■2011年末時点で透析患者は30万4592人になった 

■2011年の1年間で透析患者は6340人増加し、透析を始めた年代は70歳代後半が最も多い

■90歳代の透析導入も約600人いて、新規患者の高齢化が進行している

■透析患者数が10万人に達したのは1990年、20万人を超えたのは2000年で、10年で10万人ずつ増えている

■日本の透析患者は人口100万人あたり約2400人で、台湾に次いで多い

■週三回通院し、4~5時間の透析を受ける 医療費は年間約500万円かかる

■透析だけで約1兆5千億円の医療費を投じていることになる

■20年以上の長期透析患者数も増え続け、2万2千人を超えた 最も長い透析歴は43年7ヵ月

透析治療は金銭的にも時間的にも大きな負担になることがわかります。


私がこれまでに何度か主張している「糖尿病は絶対ヤバイ!」が再確認できました。


これほどキツい思いをするなら、日頃のちょっとした節制を心がけるほうがいいなぁ、と強く感じるものです。


糖尿病療養指導ガイドブック 2012―糖尿病療養指導士の学習目標と課題
糖尿病療養指導ガイドブック 2012―糖尿病療養指導士の学習目標と課題

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

若くして薄毛の男性は前立腺がんになりやすい? 海外の研究

「土曜日に花見に行きます!」と昨日書きましたが、本日(2011 4/8 金)熊本は雨が降っております。


花見直前で、花が思いっきり散ってしまいそうです。(ToT)

明日はどれほど花が残っていることやら・・・。


さて、今回は男性の薄毛と前立腺がんの関連についてお知らせしてみます。


「がん科学紀要」誌2月号で発表された研究結果によると、若くして薄毛になった男性は、前立腺がんのリスクが増加するそうです。

フランス・デスカティス大学やカナダの大学などが共同で実施した調査では、20歳の時点で男性ホルモン性の脱毛症を自覚している人は、そうでない男性に比べて約2倍前立腺がんになりやすいことがわかりました。


研究グループは338人の前立腺がん患者と281人の健常者を対象に行われ、病歴および20歳、30歳、40歳時点での薄毛の有無について4段階の聞き取りを行いました。


その結果、20歳時点で明らかに薄毛の兆候があると自覚している人は、そうでない人に比べて2.01倍前立腺がんのリスクが高かったのです。


一方で、30歳、40歳での脱毛の有無と、前立腺がんリスクには有意な関連は見られませんでした。


「リスクが2倍」とは、あまり軽視できない増加度ですね。


20代で薄毛を自覚している男性は、「自分は前立腺がんリスクが高い可能性がある」と意識しておき、ある程度の年齢に達したら、検査等を欠かさないなどの注意が必要と言えそうです。


前立腺がん予防法[改訂新版]
前立腺がん予防法[改訂新版]

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

腎臓病の食事療法 たんぱく質・塩分の摂取量目安

慢性腎臓病にかかってしまった場合、食事療法でたんぱく質と塩分の摂取量をコントロールします。


たんぱく質や塩分をとりすぎると腎臓に負担をかけるため、これらの摂取量を制限して、働きが弱っている腎臓を保護するわけです。


これにより腎機能の低下・腎不全の悪化を抑えたり、たんぱく質を分解・代謝してできる老廃物の体内蓄積を防ぐのです。

健康な人であれば、一日のたんぱく質摂取量は50~70グラムで、体重1kg あたり1g が目安です。


慢性腎臓病にかかってしまったら、たんぱく質は標準体重1kg あたり0.8g 未満に制限します。

標準体重は身長(メートル)の2乗に22を掛けることで算出します。


身長が160cmの人なら標準体重は1.6×1.6×22=56.32kgになります。

よって、この人が慢性腎臓病になった場合、56.32×0.8=およそ45 で、一日のたんぱく質は45g 未満に制限します。


卵や肉、魚といったたんぱく源だけでなく、たんぱく質は主食であるご飯にも含まれているため、必要であれば「低たんぱくご飯」も利用します。

ご飯から摂るたんぱく質を減らすことで、その分おかずを増やすこともできるわけです。


食塩量は一日6グラム以下を目標にします。

これは日本人の平均摂取量のおよそ半分です。


この記事で紹介したたんぱく質や食塩の制限量は目安です。

腎臓病の症状の重さ、体格、性別、年齢などで、各人ごとに数値は異なります。

具体的な内容は医師と相談して決め、医師の指示に従うことが大切です。


腎臓病 たんぱく質40gの献立集 (腎臓を守る食事シリーズ)
腎臓病 たんぱく質40gの献立集 (腎臓を守る食事シリーズ)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

たんぱく質を多くとっても腎臓に負担はかからない?  

今回はたんぱく質と腎臓についてお知らせしてみます。


情報ソースが弱いのが残念ですが、よかったらご覧ください。

筋トレを定期的に行い、プロテインなどを利用しているなら、


「たんぱく質のとりすぎは腎臓に負担をかけるので良くない」


という話を聞いたことはないでしょうか?


私は「たんぱく質信者」的なところがありますので、このブログでも「たんぱく質のとりすぎは腎臓に悪いです」という内容のエントリーを何度か書いています。


ところが、先日立ち読みしたフィットネス系の雑誌(誌名は忘れてしまいました・・・面目ない・・・)に


「『たんぱく質のとり過ぎが腎臓に悪い』という説はどうやら間違っているようだ」


と紹介されていました。

最近の研究結果から、たんぱく質摂取量と腎臓の疾患に相関関係は無いことがわかってきたようなのです。


確かに、ボディビルダーやプロレスラー、さらにはアスリートなど、一般人よりもたんぱく質を多くとっているであろう人達が、腎不全にかかったという話はあまり聞きません。


日本人ながら世界で活躍するボディビルダー山岸秀匡さんは、一日に1kg相当のたんぱく質を摂るんですよ!

山岸さんの記事はこちらをどうぞ。


腎不全の原因はいくつもありますが、私の場合最初にピンとくるのは糖尿病でしょうか。


「たんぱく質のとり過ぎで腎不全になりました」とは、全くと言えるほど耳にしません。


たんぱく質と腎臓の件については、続報を目にしたらまたお知らせしてみます。


MAXLOADホエイプロテインチョコレート風味3kg
MAXLOADホエイプロテインチョコレート風味3kg

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

慢性腎臓病(CKD)にかかる人が増えているそうで 判断基準など

少し前にカゼをひいてしまったことはお知らせしました。


症状から「こりゃ診察してもらった方がいいな」と考えた私は、かなり久しぶりに病院に行ったのです。

すると待合室に慢性腎臓病(CKD)への注意を喚起するポスターが貼ってありました。

それによると、慢性腎臓病(CKD)にかかる人が成人の8人に1人(1330万人)いるそうです。

しかも熊本市はCKDによる人工透析者数割合が、全国比で1.4倍と高い状況にあるのだとか。


私はこのポスターを見るまでCKDについてほとんど関心が無く、8人に1人と知って「そんなに多いのか!」と少なからず驚きました。

そこで、CKDについてちょっと調べてみたところ、


腎臓の機能が60%以下になるか、たんぱく尿などの異常が3ヵ月以上持続するとCKDと診断される


ことがわかりました。

ちなみに機能が50%以下に低下した場合は慢性腎不全、10%以下になると末期腎不全と呼ばれます。


腎機能が低下する原因として急激に増えているのは糖尿病なのだそうです。


そう言えば、「糖尿病予備軍」と呼ばれる人が最近は5人に1人、なんて話も聞くようになりました。

CKDにかかる人と、糖尿病およびその予備軍の人達はかなりの割合で重なっているのでしょう。


腎臓病は尿検査などで兆候がわかるのですが、本人は特に不具合を感じないため、つい検査結果を軽く考えてしまうことが多いようです。


腎機能の低下が進んで透析が必要になると、日常生活に大きな負担がかかります。


タンパク尿や血尿、あるいは尿糖など、腎臓病の指標が発見されたら真剣に対策を検討する必要があるのではないでしょうか。


CKD診療ガイド2012
CKD診療ガイド2012

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

急性および間質性ぼうこう炎とは 

近頃はテレビCMなどでも「過活動膀胱」といった言葉も紹介されているようで、頻尿を引き起こす病気への一般人の理解度も上がっているようです。


頻尿を引き起こす病気の中でも、「急性ぼうこう炎」は症例が最も多い病気のひとつではないでしょうか。


急性ぼうこう炎は女性に多く、膀胱に細菌が入ることで発症します。

女性は男性よりも尿道が短いため、膀胱内に細菌が入りやすいのです。


頻尿が典型的な症状で、排尿時の痛みや残尿感も感じるようになります。


膀胱炎には急性の他に「間質性ぼうこう炎」と呼ばれる症状もあります。

膀胱の組織のひとつである「間質」という部分に炎症が起こり、膀胱が委縮する病気です。


こちらは急性よりも症状が深刻なことが多く、一日に数十回トイレに行くケースあるようです。


研究が進められている間質性ぼうこう炎ですが、はっきりとした原因は実はわかっていません。


そのため現在のところは完治させるのは難しく、対症療法がメインになっているようです。


間質性ぼうこう炎はアメリカで多く見られ、研究も進んでいます。

日本でも少しずつ認知が進んでいるようです。


日本でもアメリカでも、女性の発症率が男性よりも数倍高くなっています。


日本間質性膀胱炎研究会ではホームページを開設していて、
http://sicj.umin.jp/


こちらでは間質性ぼうこう炎の診察が可能な、医師のリストを公表しています。


医師の数は十分とはまだ言えないかも知れませんが、症状にお悩みなら参考にしてはいかがでしょうか。


膀胱炎がわかる本―なぜあなたの膀胱炎は治らないのか 急性膀胱炎から間質性膀胱炎まで専門医が解説 (ビタミン文庫)
膀胱炎がわかる本―なぜあなたの膀胱炎は治らないのか 急性膀胱炎から間質性膀胱炎まで専門医が解説 (ビタミン文庫)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

前立腺がん治療法HIFUについて 特徴や費用 入院期間など

前立腺がんの治療法として、HIFU(ハイフ)という方法が近年多く用いられるようになっています。

HIFUの仕組みを簡単にまとめてみると


「強力な超音波でがん組織を焼き、死滅させる手術」


ということになるでしょう。
日本語では「高密度焦点式超音波治療」と訳されるのもそのためです。


これまでの前立腺がんの治療では放射線治療やがん組織の切除が行われてきましたが、これらの治療法は患者への負担が大きいという問題点がありました。


その点HIFUは患者への負担が少ないなど、優れた特徴がいくつもあります。
以下に紹介します。


・切除を行わないため、患者への負担や合併症が少ない

・入院も比較的短期間で済む(二泊~三泊)

・術後の勃起不全や尿失禁なども少ない

・仮に再発した場合でも繰り返し施術が可能

・HIFUを行うとホルモン療法が必要無くなるケースもあるため、ホルモン療法の合併症を防ぐことができる


長所が非常に多いHIFUですが、欠点もあります。

それは治療費に保険が適用されず、80~100万円の自己負担が必要なことです。


前立腺がんは本来欧米人に多いがんだったのですが、最近は日本人にも急増しています。


前立腺がんは自覚症状が少ないという特徴があります。


前立腺がんに限らず、ある程度の年齢に達した男性は、病気の早期発見のため定期的な健康診断は必要と言えるのではないでしょうか。


こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

http://www.oct-net.ne.jp/~mura-uro/hifu.html
http://www.asahi.com/ad/clients/iryo/archives/ent/20080131000605.html
http://teikyo-urology.jp/ope/hifu.html


高密度焦点式超音波療法(HIFU)前立腺癌に対する低侵襲治療
高密度焦点式超音波療法(HIFU)前立腺癌に対する低侵襲治療

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

腎臓病と血管の病気の関連

腎臓病というと、進行することで透析が必要になる、というイメージが強いですが、最近は血管の病気との関連も指摘されているそうです。


複数の研究所で行われた調査で、腎臓病が脳卒中や心筋梗塞などの危険因子である、という指摘が相次いでいるのです。


一般に、こうした病気の危険因子と言えば喫煙、メタボリックシンドローム、高血圧、糖尿病といったものですが、最近ではこれらを抑えて腎臓病がもっとも危険な因子であるという意見もあります。


末期腎不全まで進行して人工透析が必要になるよりも、それ以前に心臓の血管などを悪くして亡くなる患者の方が多いという報告もあります。


GFR30~60%未満の腎臓病患者が5年以内に透析に入る確率は1.3%ですが、心血管病で亡くなる確率は24.3%という調査結果があるのです。

(GFRとは腎臓の糸球体が1分間にどれくらいの量の血液をろ過し、尿を作る能力があるかを表す指標です)


健康診断などでわかる検査項目で腎臓病と関連するものとしては


「尿タンパク」
「血清クレアチニン」


がよく知られていますが、それともうひとつ


「血圧」


も腎臓病と密接関係しています。

高血圧は糸球体の機能を低下させる原因になり、さらに尿タンパクを出しやすくなってしまうのです。


以前のエントリーでも指摘したように、腎臓疾患は自覚症状がほとんどありません。

日頃の生活管理と健康診断などによる予防が非常に大事です。


腎臓病を治す本 (ビタミン文庫)
腎臓病を治す本 (ビタミン文庫)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

富野康日己教授の「腎臓をいたわる10ヶ条」生活習慣のポイント 

腎臓を悪くする人が増え続けているそうです。


末期の腎不全で透析が必要になる人は現在27万人を超えていて、透析予備軍と言える人は1300万人以上いるという統計もあります。


順天堂大学医学部腎臓内科教授の富野康日己教授は「腎臓をいたわるための10ヶ条」を提唱しています。

その10ヶ条は、以下のとおりです。


1 早寝早起き
2 排尿を我慢しない
3 カゼをひかない
4 身体を清潔にする
5 高血圧、糖尿病、痛風をしっかり管理する
6 ウォーキングなど腎臓に負担をかけない運動をする
7 ストレスをためない
8 喫煙や暴飲をやめる
9 十分な睡眠、休養をとる
10 必要な薬以外は飲まない



腎臓は肝臓と同じように「沈黙の臓器」と呼ばれるそうです。

異常が発生しても自覚症状がほとんど無いのです。


そのため、早期発見するには健康診断を受けるしかありません。


少なくとも年に1回は自分の身体をチェックし、尿や血清クレアチニン値などを調べてみましょう。

自覚症状が少ない分、腎臓の健康状態が悪化しているのを、検査せずに初期の時点で感知するのはほとんど不可能ではないでしょうか。


腎臓病は、以前は非常に治しにくい病気と言われていましたが、最近は医療技術の進歩により早期であれば治療可能になっています。


ガンや生活習慣病に比べると話題になることが少ない腎臓疾患ですが、生活の質を保つという意味では腎臓の健康にも十分留意するべきでしょう。

名医の図解 腎臓病に克つ生活読本





↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

腎臓病と低たんぱく米・塩分・血圧 楽天へのリンクも

腎臓病が進行すると腎不全を引き起こし、透析治療が必要になります。


透析治療は患者への負担が非常に大きいため、腎不全は何としても予防したいものです。


しかし日本では透析が必要な患者数は毎年1万人ずつ増えており、現在は27万人を超えているそうです。

腎臓病になると、食事療法の一環としてたんぱく質の量をコントロールする必要があります。


たんぱく質をどの程度摂取するかは医師と相談して決める必要があり、その際利用される食品のひとつに「低たんぱく米」があります。


これは文字どおりたんぱく質含有量が非常に少ない米のことで、エネルギーと良質のたんぱく質が同時に摂取できるため、腎臓病の食事療法においては推奨される食品です。


低たんぱく米にはいくつか種類があり、たんぱく質の含有量も品種によって違うようです。


また腎臓病の食事療法では減塩も重要なポイントになり、塩分は一日6g 未満にするのが基準とされています。


塩味を補うにはダシの旨みや酢、レモンをきかせる、香辛料を上手に使うなどの工夫が施されます。


「減塩」と言えば高血圧とも関連しているように、腎臓病と高血圧は密接に関っています。


腎臓病になると血圧が高くなり、高血圧になると腎臓病も悪化するという悪循環に陥りやすくなるのです。


(前にも書いたことありますけど)私が以前やっていた仕事では、透析治療を受けているお客さんがいました。


透析治療がいかに大変かという話をよく聞いていたので、私も注意しなくては、と思ったものです。


腎疾患は何となく地味なイメージがありますが、もっと注意を喚起されてもよいのではないでしょうか。


楽天の低タンパク米や腎臓病治療食セット一覧です。
購入者の感想も寄せられています。
(数は少ないですが)


低タンパク米(静岡県産) LGCソフト5kg
低タンパク米(静岡県産) LGCソフト5kg

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

腎臓の不調と脳卒中・心筋梗塞 症状やなりやすい人 予防法など

腎臓の不調は、心血管や脳血管の疾患リスクを上げるそうです。


腎機能が低下して「尿にタンパクが出ている」といった状態は、心筋梗塞や脳卒中の発生率を上げてしまう、というわけですね。


「腎臓と心臓・脳の血管」というと一見無関係のようですが、こうした報告は世界各国で相次いでいるのだとか。

ここでいう「腎臓の不調」とは、腎不全などのいわゆる「重い症状」ではありません。

軽い不調であっても心筋梗塞などのリスクは高くなるのです。


つまり「腎臓が軽い不調にある」状態であっても改善する必要があるわけですが、厄介なことに腎臓疾患の初期には自覚症状がほとんどありません。


ある程度症状が進むと


・身体がだるく、疲労感がある
・食欲が低下する
・脚がむくむ
・排尿の際に泡がたつ


といった現象が見られますが、こうした症状は出た時点で腎疾患がかなり進んでいることも考えられます。


そのため腎疾患を早期に発見するには、定期的な尿検査や血液検査が欠かせないと言えるでしょう。


腎疾患にかかりやすい人の例としては次のようなものがあります。


・血縁者に腎臓病歴がある
・血圧が高い
・痛風や糖尿病(の予備軍)である
・肥満およびメタボリックシンドロームである
・喫煙習慣がある


腎臓を健康に保つには、バランスの良い食事、減塩、適度な運動、禁煙、お酒は適量飲む、といったことが必要です。


(これらは実によく聞くフレーズですよね。それがなかなか難しいのかも知れませんが・・・)


楽天市場の尿検査関連グッズ一覧です
リンク作成時には尿をかけるタイプも紹介されています。
この製品には「子供の潜血と蛋白を毎日調べる必要があるので」という女性からのコメントがあります。


腎臓病を治す本 (ビタミン文庫)
腎臓病を治す本 (ビタミン文庫)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

むくみについて もしかしたら重い病気かも

「朝起きたら顔が膨らんだ気がする」
「夕方になると靴やズボンがきつい」
「ふくらはぎがパンパンに張る」


といった症状が出る「むくみ」は女性に多い印象がありますが、男性でも外回りの営業が多かったり、脚の筋力が衰えているとむくみが発生することがあります。

むくみの一番の原因が脚の筋力低下なのはよく知られています。
その他にも、より深刻と考えられる原因もあります。


それは、腎臓の不調です。

体内の水分を処理し、尿として排出させる働きを持つ腎臓の機能が落ちると体内に水分が溜まってしまいます。

その結果、


・脚を指で10秒ほど押して離すとしばらく跡が消えない
・靴下の跡が消えない
・尿の量が減る
・飲んだ量より、明らかに尿の量が少ない
・体重が急に増加する


といった症状が発生してしまいます。


この時点で治療すればそれほど深刻なことにはなりませんが、腎臓病を放置し、悪化させると尿毒症といった非常に危険な症状を引き起こしてしまいます。


腎臓病は高血圧、暴飲暴食、慢性疲労、糖尿病、痛風などが原因と言われています。


腎臓の機能が失われてしまうと人工透析が必要になり、生活の質が著しく損なわれることになります。

食事制限も厳しくなるため負担は非常に重いものになるのです。


「たかがむくみ」と軽く考えず、あまりに症状がひどい場合は医師の診察を受けましょう。

ちなみにむくみは肝臓や心臓の不調でも発生するそうです。


むくみを治す74のワザ+α (これ効き!シリーズ)
むくみを治す74のワザ+α (これ効き!シリーズ)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

痔について 症状や特徴、治療法など

突然ですが痔について書いてみます。


痔は虫歯に続いて「第二の国民病」なんて呼ばれてるそうです。
国民の三分の一は痔を患ってる、という統計もあるとか。

痔には大きく分けて三つあります。


痔核(いわゆるいぼ痔)

肛門周辺にはたくさんの血管が集まっています。
便秘などで血管に圧力がかかり続けると、うっ血して血管に腫れが発生することがあります。

これが痔核(いぼ痔)です。
直腸側にできる内痔核と、肛門側にできる外痔核に分けられます。

内痔核では痛まないことが多い反面、外痔核では痛みがあります。
いずれも出血を伴うことがあります。

痔核では内服薬や座薬、手術や注射といった対処がとられます。


痔ろう(あな痔)

肛門周辺が細菌感染して化膿する症状です。
膿が管状になってたまり、痛みも強くなります。

感染症なので発熱するのが特徴です。

痔ろうは手術を行わないと完治は望めません。


裂肛(切れ痔)

硬い便を排泄する際などに肛門が切れる症状で、排便時に出血・痛みを伴います。
便やトイレットペーパーに血が付着することもあります。

排便後にも痛みが持続することが多いようです。

切れ痔の約半数は自然に治癒するとされていますが、残りの半数は慢性化するおそれがあります。

慢性化した場合は手術が行われます。


痔を引き起こすのは何といっても便秘や下痢です。
食事や腸内環境、あるいは摂取する水分量には気をつけましょう。


また女性は妊娠・出産時に肛門周辺に負担をかけやすく、うっ血などから痔を起こしやすくなります。
デリケアM’s(エムズ) 15g[第3類]
デリケアM’s(エムズ) 15g[第3類]

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

腎臓結石破砕治療について 費用など 藤本義一さんも受けました

08年は中国製の粉ミルクを飲んだ乳幼児が腎臓結石を発症する被害が続発しました。


中国産食品とは関係ありませんが、
作家の藤本義一さんは08年8月に腎臓結石の破砕治療を受けたそうです。

腎臓にカルシウムが溜まりやすい体質だそうで、2~3年に1回のペースで結石を破砕しているとのこと。


これまでは破砕治療で結石はキレイに無くなっていたのですが、今回はちょっとした問題が起きました。


破砕された結石は細かくなり、排尿の際に体外に出るわけですが、今回は4mmほどの石が尿道の手前で残ってしまったのです。


このまま放置していると排尿障害を引き起こすとして、石を除去するための簡単な手術を受けるそうです。


(この記事を書いている時点ですでに手術済みだと思うのですが、ネット上では情報を確認できませんでした。申し訳ない・・・)


ネット上の情報をいくつかあたってみると、腎臓結石の破砕手術の費用は3割負担で6~8万円ほどのようで、入院費用などを全てトータルすると10万円台前半の金額になるようです。


症状によっては日帰り手術というケースもありますが、一般には三日から一週間の入院をすることが多いようです。


腎臓結石ができても、大きさが5mm以下であれば水を多めに飲むなどして、まずは排尿による自然排泄を試みることがあります。


また腎臓結石は肉食が多い、あるいはカルシウムが不足していると発生しやすくなります。


流石茶
流石茶

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

過活動膀胱のチェック項目

過活動膀胱とは「膀胱内に尿がそれほど溜まっていないのに膀胱が収縮するため強い尿意を感じる」病気です。


過活動膀胱では頻尿を招きますが、排尿の際には痛みや尿の出が悪い、といった症状はありません。


しかし尿意が頻繁に、しかも強く感じられるため仕事や家事に支障が出たり、旅行などの外出に消極的になるなど患者の悩みは深刻です。

日本では40歳以上の12.4%、810万人が発症していると考えられています。
男女に関係なく発症し、年代によっては男性の患者が多くなります。


過活動膀胱の原因はよく分かっていません。


過活動膀胱には次のようなチェック項目があります。


Q1 朝起きてから寝るまでに何回くらい尿をしましたか?

7回以下(0点)
8~14回(1点)
15回以上(2点)


Q2 夜寝てから朝起きるまでに何回くらい尿をするために起きましたか?

0回(0点)
1回(1点)
2回(2点)
3回(3点)


Q3 急に尿がしたくなり、我慢が難しいことがありましたか?

なし(0点)
週1回より少ない(1点)
週1回以上(2点)
1日1回くらい(3点)
1日2~4回(4点)
1日5回以上(5点)


Q4 急に尿がしたくなり、我慢できずに尿を漏らすことがありましたか?

なし(0点)
週1回より少ない(1点)
週1回以上(2点)
1日1回くらい(3点)
1日2~4回(4点)
1日5回以上(5点)


Q3が2点以上で、全体の合計点が3点以上の場合、過活動膀胱の可能性があります。

合計点が

5点以下は軽症
6~11点は中等症
12点以上は重症

と考えられます。


このチェック項目は日本排尿機能学会の「過活動膀胱診療ガイドライン」によるものです。


過活動膀胱では薬による治療が行われますが、偽薬を服用してもらった場合でも患者の3割ほどは排尿回数の改善が見られることがあるそうです。


「気持ちの持ち方」や日常生活での心がけで症状が改善することも多いと言えそうです。


「トイレが近い」を解決する本 (ビタミン文庫)
「トイレが近い」を解決する本 (ビタミン文庫)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

前立腺肥大症と膀胱炎の関係

前立腺肥大症と膀胱炎というと、あまり関係が無いイメージがありますが、前立腺肥大症が原因で膀胱炎を発症するケースがあるそうです。


前立腺肥大症が進むと尿の出が悪くなり、膀胱に一定量の尿が常に残るようになります。
その残尿に細菌感染が発生し、膀胱炎を引き起こしてしまうのです。

細菌がさらに体内の奥まで侵入すると腎盂炎になることもあります。


膀胱炎を起こすほど前立腺肥大が進行している場合は、まず前立腺を切除する手術を最優先で行い、排尿障害を改善しなくてはいけません。

膀胱炎の発症に前立腺肥大症が関っているケースでは、前立腺を処置しないまま膀胱炎を治しても、必ずと言っていいほど再発します。


膀胱炎では排尿すると陰部に痛みが走り、尿が濁ってきます。
抗菌薬により治療を施せば治癒します。


前立腺肥大症の症状としては

・排尿回数が増える
・尿意が急に起きる
・睡眠中でも尿意で目が覚め、トイレに行く
・尿がすぐ出てこない
・尿の勢いが弱い
・残尿感がある

といったものがあります。
前立腺肥大症は50歳代の男性の約40~50%、80歳以上の男性では80%を超える人に発症すると言われています。


前立腺肥大は初期であれば特に治療は必要ありません。
しかし頻尿や残尿感が気になるようであれば、一度泌尿器科を受診すると安心でしょう。


↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

頻尿の原因が前立腺肥大ではなく糖尿病?

「(夜間)頻尿がある」というと、前立腺肥大症がすぐに疑われますが、糖尿病の初期症状として頻尿になることがあります。


といっても糖尿病が頻尿を直接引き起こすわけではありません。


糖尿病の初期症状のひとつに「のどが乾き」があります。
水をやたらと飲みたくなり、夜間でも起きて水分が欲しくなるのです。
水分の摂取量が増えると、尿の回数も当然増え、頻尿気味になります。


すると前立腺肥大症ではないか?と考えられるわけですが、実際は糖尿病の初期症状というケースも意外と多いそうです。


さらには、糖尿病になると尿が出にくい、残尿感があるといった前立腺肥大症によく似た症状が表れてきます。
これは糖尿病によって膀胱の神経に障害が出るために起きるのですが、こういった症状からも前立腺肥大症と勘違いされることがあります。


男性が排尿に関して不調を感じた際には前立腺肥大症がまず疑われますが、自分の食習慣や生活を考えてみて、糖尿病の可能性も考慮してみる必要がありそうです。


前立腺肥大症の原因ははっきり確定されてないようですが、食の過度の欧米化など糖尿病の原因と重なっているところもあります。

いずれかの病気を予防する生活習慣はそのままもう一方の予防にもつながると言えます。
中年以降の男性は特に気をつける必要があるでしょう。


楽天の頻尿対策サプリなど一覧

楽天の糖尿病検査キットなど一覧
いずれも購入者の感想が紹介されています。


↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

洋式トイレで男性が立って用を足すとどれくらい尿が飛散するのか

健康とはあまり関係ない気もしますが・・・


洋式トイレでは、大小を問わず座って用をたす男性が増えているそうです。


松下電工の07年の調査では「座って用をたす」男性は49%いるそうで、99年から8年間で3.3倍になっています。


その理由としては「周りを汚さないため 45.8%」「楽だから 24.2%」といったものが上位にきています。


また同調査では、男性の立ったままの放尿でどれくらい飛沫が便器外へ飛び散るかという実験も行われました。


「高さ75cmから30秒間、400ccを放尿」する実験では、

便器の手前を狙った場合 301滴
便器の奥壁を狙った場合 201滴
水たまりを狙った場合   85滴


といった結果が出ました。


水たまりの部分に放尿すれば飛沫が一番少ないわけですが、それでも結構な量が便器外に飛ぶのだな、という印象があります。


以前テレビを見ていたら、ある男性芸能人が「自宅に友人が来たときは、男でも洋式トイレでは座って用を足してもらう」と言ってました。


立ったままだと上のように飛沫が飛んで汚いからで、仮に「立ちション」をしたら友人でもマジで怒るのだとか・・・。


もしかしたら家庭によっては「お父さんの立ちション禁止」なんて通達が出ているところもあるのでは?
意外とありえる話のような気がするのは私だけでしょうか。


今後家庭の洋式トイレでは立ちション禁止になるかも・・・。


楽天市場の便座一覧です
購入者の感想も多数紹介されています。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

頻尿の判断基準 尿の回数など。サプリ・薬の効果感想へのリンクも

頻尿と言うと「夜トイレに行きたくなる」夜間頻尿をすぐ連想してしまいますが、昼間頻尿というのもあります。


昼間トイレに行く回数は4回~7回くらいが正常と考えられています。
8回以上になると昼間頻尿が疑われます。


ただし、飲み物や発汗量などで回数は増減するので、あくまで目安と考えたほうが良さそうです。
例えばコーヒーなど利尿作用のあるものを摂取すると排尿の回数は増えますし、夏場にスポーツなどで汗をたくさんかくと尿の量は減ります。


夜中に尿意で目が覚める回数は、正常であればゼロか多くても1回です。
2回以上目が覚めるようであれば夜間頻尿と判断されます。


男性に頻尿の症状が出ると、まずは前立腺肥大症が疑われます。
その他にも糖尿病、脳梗塞、がん、膀胱の過活動などが頻尿の原因になるそうです。


こうした身体的理由だけでなく、精神的な要因でも頻尿は起こります。
緊張したときに尿意を感じる「神経性頻尿」です。


緊張感などの精神的ストレスを受けると尿が膀胱に少したまるだけでも尿意を感じるようになります。
結果的に排尿の回数が増えるのです。


ちなみに私はこの神経性頻尿の度合いは強く、何か緊張するイベントの前には必ずと言っていいほどトイレが近くなります。
実際には尿はほんの少量しか出ないのですが、とりあえず排尿しないと気持ちが落ち着かないのです。


私は普段から排尿の回数は人より多めです。
まだ前立腺肥大症を発症する年齢ではないと思うのですが・・・。


楽天の頻尿対策サプリ・漢方薬など一覧
CMでおなじみの漢方薬なども紹介されています。
購入者の「効いた・効かなかった」といったコメントも寄せられています。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

前立腺がんと治療法

前立腺がんは近年増加しており、死亡者数も年間8000人を超えています。

前立腺がんは昔の日本ではそれほど見られませんでしたが、大腸がんと共に非常に発症数が増えています。


前立腺がんは初期症状がほとんど感じられず、発見された時にはすでに手遅れ、というケースも多いのです。
また、骨やリンパ節に転移しやすいという特徴もあります。


かなりやっかいながんと言えるのですが、治療法はかなり進歩しています。
しかも内分泌療法で手術なみの効果が期待できるようになっているのです。


前立腺は男性ホルモンと強く関係しているため、抗男性ホルモン剤を服用するか、月に一回注射をする内分泌療法を行うことがあります。

効果は非常に高く、しかも副作用も全くと言ってよいほどないため、非常に優れた治療法とされています。
手術や放射線治療などと併用されることも多いようです。


ただしホルモン療法は時間の経過とともに効果が弱くなるという欠点があります。
最後には効き目がなくなってしまうのですが、別の療法や薬物を併用することでこうした欠点を補う手段も最近はとられるようになっています。


前立腺がんになると残尿感や頻尿、排尿障害といった症状が表れます。
しかしこれらは前立腺肥大症でもほとんど同じ症状が出るため、がんの発見が遅れることがあります。


前立腺肥大症と前立腺がんは全く別の疾患で、前者は良性ですが後者は進行するとリンパ節や骨へ転移することがあるので早期の対処が必要です。



男性のガン総合検査キット楽天での一覧です

購入者の感想も紹介されています。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

前立腺肥大症手術TURP法について概要や費用など 

前立腺肥大症については薬物療法の効果が高くなっており、手術が行われることは少なくなっているようです。


しかし前立腺の肥大が進行していたり、薬物治療の効果が見られない場合は手術療法が行われます。


手術法はTURP(経尿道的前立腺切除手術)と呼ばれる手法が一般的です。
これは電気メスが先端についた内視鏡を尿道から入れ、肥大した前立腺を電気メスで切り取る手術です。

肥大した前立腺組織を尿道から削り取り、「掘り出す」ような作業を行うことになります。


手術時間は一般に2時間ほどで、術後は血尿や発熱が一定期間起こりますが、早ければ3~4日、遅くとも1週間ほどで退院できます。


このTURP手術には健康保険が適用されます。
症状により違いはありますが、3割負担した場合で13~15万円くらいの費用がかかるようです。


前立腺肥大症は中高年男性が最も多くかかる病気のひとつです。
尿の出が悪い、夜中に尿意で目が覚める、といった症状があるなら、一度泌尿器科を受診してみてはいかがでしょう。


また、男性は年齢が高くなるにつれて前立腺がんの発症リスクが高くなります。
前立腺がんは、がんの前兆をとらえるマーカー検査が発達しています。
がんを早期発見できる可能性もあるので、ある程度の年齢に達したら泌尿器科を受診しておくと安心でしょう。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

尿路結石とカルシウム・脂肪 どうすれば結石を防げるか。

尿路結石は食の欧米化と共に症例が増えています。

男性の病気というイメージがありますが、最近は女性にも増えているそうです。


尿路結石の成分で最も多いのは尿中のシュウ酸とカルシウムが結合したものです。

このカルシウム結石が尿路結石全体の80%を占め、その他は尿酸による結石などがあります。


結石がカルシウムでできていることから、「結石を防ぐにはカルシウムを控えたほうがいいのでは?」とも考えられそうですが、これは完全な誤りです。

結石を防ぐためにはカルシウムをしっかり摂る方が良いのです。
摂取したカルシウムが腸内でシュウ酸と結びつき、便として排泄されやすくなるからです。


むしろ控えるべきなのは断然脂肪分です。

脂肪酸はカルシウムと結合する性質があるため、カルシウムはシュウ酸と結合できなくなってしまいます。
するとあまったシュウ酸が腎臓内でカルシウムと結合してしまい、結石を作ってしまうのです。


つまり尿路結石を防ぐには

・カルシウムを十分摂取する
・脂肪分は控えめに

といったことが大事になってきます。
その他にも

・水を心がけて飲む
・クエン酸を含む食品をとる
・お酒は飲み過ぎない

という心がけも忘れずに。


ちなみにシュウ酸はほうれん草に多く含まれているのはよく知られていますが、大量に食べない限り結石を引き起こすことはありません。


尿路結石では想像を絶する激痛におそわれることがあります。
食事が欧米化に偏らないよう注意しましょう。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

前立腺がんとPSA値とは

PSAとは「腫瘍マーカー」であり、血液中に含まれていてガンの目印になるものです。

PSAが血液中に増えてくると「前立腺がんの可能性が高い」と判断できるわけです。


PSAは前立腺特異抗原とも呼ばれており、前立腺の異常のみを示します。
そのためPSA検査は前立腺がんの検診として非常に有効で、進行度の把握などが可能なのです。
前立腺がんが増殖を始めると血液中のPSA濃度が上昇します。


しかし、PSA値の上昇が即前立腺がんを意味するというわけではありません。
前立腺肥大症でもPSA値が上昇することがあるからです。


前立腺がんは高齢になるにつれ発症率が上がり、特に70歳を過ぎると急激に患者数が増えます。
最近の日本は高齢化が進んでいるので前立腺がん患者数がハイペースで増加しています。
1995年から2020年の間に患者数が6倍になるという統計もあるそうです。


前立腺がんが多く発症している国の気候や生活習慣などを調査すると、次のようなことがわかっています。

・日照時間が短い(ビタミンDとの関係?)
・動物性脂肪を多く摂る


逆に発症率が少ない国の特徴としては

・日照時間が長い
・発酵食品を多く食べる(腸内環境との関連?)
・緑茶を飲む、トマトを多く食べる(抗酸化物質の摂取)

といったものがあります。
トマトに関しては、トマトの消費量が多いイタリアには前立腺がんの患者が少ないことがわかっています。


前立腺がん対策は非常に発達しており、治療・手術の手段も増えています。
しかしまずは生活習慣を見直して予防することが大事ではないでしょうか。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

快便を促す運動 便秘改善のために

肛門に意識を集中し、引っ込めるように5秒ほど力を入れて、力を緩めるといった体操は便を排出する際の力を鍛えるのに有効です。


車を運転中、あるいは通勤途中の電車の中などいろんな場所で実行できます。


太ももを高く上げる運動も便秘を改善する効果があります。
もも上げ運動により腸の下にある腸腰筋を鍛え、便通を促すのです。


私が個人的に「快便に効果があるなぁ」と感じることを紹介してみます。


・朝起きて冷たい水を飲む
(腸を冷たい水で起こす気がします)

・ヨーグルトを食べる習慣をつける
(お腹の調子を整える以外にも良い作用が期待できるので非常においしいです)

・食前に食物繊維を摂取する
(私の場合、ココアをよく飲んでいます。ココアはポリフェノールが豊富なのでこれもおすすめです)

・発泡性の飲み物を飲む
(ビールなどの炭酸飲料を飲むと腸が動き出す気がするのは私だけでしょうか?)

・深い呼吸や腹筋運動などでお腹を動かす(刺激する)
(これは腸を直接マッサージする感じです。ぜん動運動が活発になると思います)


排便の習慣をきちんとつけるには、「便意をガマンしない」ことも非常に大事なようです。
便意を我慢していると、いつの間にか便意がなくなってしまいます。

これを繰り返していると、腸に便がたまった時の反応が弱くなってしまいます。
つまり、神経が「便がたまってるけど、まぁいいか」と判断するようになり、便意そのものが鈍くなるのです。


仕事などで忙しい時、便意を我慢することが多い場合は注意が必要ではないでしょうか。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

血尿が出たときに考えられる病気 尿路結石や膀胱がんの兆候など

血尿が出た場合、原因として考えられる病気はいくつかあります。


最も多いのは尿路結石による血尿です。この場合は強い痛みを伴います。
怖いのは、血尿の原因が膀胱がんだった場合です。


このケースでは血尿が出ても痛みを感じません。
ある日突然血尿が出て驚くのですが、痛みも無く、しばらくするともとの尿に戻るので放置しがちです。

しかし数ヶ月するとまた血尿が出て、おさまった後時間をおいてまた血尿、ということを繰り返すようになります。
これは膀胱がんが進行していることを表しています。


疲れていると尿が濃い黄色になることがあります。
この尿の色と血尿を間違えることがあるようです。
体調と相談しながら、自分の尿を日頃からよく観察するのも大事ではないでしょうか。


膀胱がんのおよそ30%は移転が早期に進む、悪性度の高いものだと言われています。

血尿を「ストレスのせいだろう」などとして放置せず、血尿が出たらすぐに検査を受けましょう。
がんが早期の段階であれば、電気メスで患部を切除するだけで済むことが多いのです。

進行してしまうと膀胱を摘出し、人工膀胱を付けることになります。


血尿の他に膀胱がんの兆候として、

・尿が出にくくなる
・残尿管がある(以上二つは癌が膀胱の出口付近にできた場合)
・背中が痛む(がんが尿口付近にできて腎臓に尿がたまる)

といったものがあります。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

尿管がんの原因・特徴、兆候や注意点など

尿管がんの原因は、07年現在はっきりとわかっていません。


原因として考えられているのは尿中の化学物質、がん遺伝子・がん抑制遺伝子などですが、確実なものではないのです。


尿管がんを端的に表すと「非常にやっかいなガン」ということになります。


リンパ節などに転移しやすく、尿管がんから膀胱がんも発症するケースが頻発します。
手遅れになる場合も多く、手術しても予後は悪くなることが一般的です。


こういった理由からも、腰痛や尿路結石、出血といった兆候には敏感になりましょう。
このような症状が出たら病院で診察を受けるのはもちろん、血液検査だけでなくX線検査も受けるべきです。

血液検査だけでは尿管がんの異常を見つけるには不十分だからです。


尿管がんの治療法も日々進歩しており、がん標的免疫療法(がん樹状細胞療法)や新しい抗がん剤も開発されています。
これにより、以前の抗がん剤や手術、放射線治療といった対処法からさらに選択肢が広がったと言えます。


がん標的免疫療法は全身に散ったガンに対して有効ながら、副作用がほとんど無いという非常に優れた治療法です。
しかも再発した際は免疫細胞が働くので再発抑制作用も期待できます。


尿管がんに限らず、これら新旧の治療法を組み合わせればたとえ癌と言えども非常に効果的な対応ができるようになっているのは間違いありません。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

過活動膀胱とは 頻尿などの症状や対策など

過活動膀胱とは、膀胱の筋肉が意思とは無関係に収縮することをいいます。


過活動膀胱には主に3つの症状があります。


・何度もトイレに行く「頻尿
・いつも尿意を切迫感として感じる「尿意切迫感
・トイレに間に合わない、あるいはつい失禁してしまう「切迫性尿失禁


原因としては前立腺肥大、脳と膀胱をつなぐ神経回路の障害、あるいは精神的な理由などがあります。
膀胱は一般に500ml ほどの尿を溜めることができますが、過活動膀胱では100ml ほど尿が溜まると尿意が強くなってきます。


40歳以上の男性は7人に1人が過活動膀胱の症状を示しているそうです。
一般に年齢が上がると有病率も高くなります。
アメリカやヨーロッパでは成人の約1/6がかかっているという報告もあります。


もし心当たりがあるなら、前立腺肥大・神経回路のトラブルいずれも投薬で改善できます。
膀胱の収縮を阻止したり、排尿筋を弛緩させるなどの作用を持つ薬を服用することが多く、長くとも二ヶ月ほどで80%の患者に改善が見られるようです。

排尿に関する問題は、医療機関を受診することで多くは解決が見込めます。


過活動膀胱の場合、生活である程度の制限が必要なことがあります。
例としては、

水分摂取の制限(尿の量を減らすため)
カフェインを含む食品(コーヒーやお茶など)をとらない(カフェインは利尿効果があり、排尿をもよおしやすくなるため)

といったものがあります。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

尿沈さ検査とは。 たんぱく・赤血球・白血球の数を調べる。尿検査キットも

尿沈さ検査とは、尿検査でたんぱくや潜血、尿ウロビリノーゲンなどが陽性になった場合に行われます。

尿を遠心分離機にかけて沈殿物だけを分離させた後、沈殿物を顕微鏡で調べます。


一度で見える範囲内に、赤血球が1個、白血球が3個以下なら正常と判断します。
赤血球が3個以上あると病気の疑いが出てきます。


たんぱくと赤血球があったら腎炎
赤血球だけだと腎臓結石
白血球が増加していたら尿道炎や膀胱炎


といった疾患のおそれがあり、そのほかにも腎臓がん、膀胱がん、前立腺がん、また痛風や急性肝炎などでも尿に異常が発生します。


話が脱線しますが・・・
学生時代に尿たんぱく検査を受けた経験は誰にでもあると思います。


この検査でたんぱく反応(+の反応)が出たりすると学生はかなり心配になりますが、若い頃に尿たんぱく反応がでるのは病気以外の理由がほとんどと考えていいようです。


プロテインなどを飲んでたんぱく質を多く摂取したとき
激しい運動をした後


などは尿たんぱく検査でプラスの反応が出ることがあります。
さらに男子であれば、自慰行為をした後は数日間尿に精子が残ります。
精子はたんぱく質なので当然尿にたんぱく反応が出ます。

女性であれば生理時期でも尿たんぱく反応が出ることがあるそうです。


ちなみに私も検査で尿たんぱくが出たことがあります。

・・・理由はプロテインです。



楽天の尿検査キット一覧です

購入者の感想も寄せられています。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

飯島愛さんもかかった腎盂炎について。原因や症状、予防法など

タレントの飯島愛さんが引退したのは、腎盂炎が原因だったとされています。

腎盂炎膀胱炎の兄弟のような病気と言われます。


膀胱内に大腸菌やブドウ球菌などが侵入・繁殖すると膀胱炎になります。
その膀胱炎の細菌が尿管をさかのぼって、腎臓内のポンプ部分「腎盂」に感染すると腎盂炎になるのです。


膀胱内には細菌に対する抵抗力がありますが、病気やストレス、疲労などで抵抗力が落ちると細菌が繁殖してしまいます。


腎盂炎の特徴としては以下のようなものがあります。

・腰痛がひどくなる。
・悪寒・吐き気を感じる。
・高熱が出ることもある。ただし夜だけで、朝には下がるので仕事などを続けてしまいがち。


ちなみに膀胱炎は「女性なら一度はかかる」と呼ばれているそうです。
女性は泌尿器の構造上、尿道と膀胱の距離が短いため、外部から侵入した細菌類が膀胱まで到達しやすいのです。


・過労や過度のダイエット、ストレスなどは避け、体の抵抗力を保つ。
・トイレを我慢しない。
・水分を十分に摂る。
・外陰部を清潔に保つ。排便後は前から後ろにふき取る。


といったことを心がけて予防しましょう。
女性はダイエットを意識しがちなので、食事の質に偏りが出やすくなります。
また絶対量も少なくなるので、必要な栄養分の量自体が足りていないことも考えられます。


たんぱく質やビタミン類など、体の抵抗力を作るのに必要な栄養素を欠かさないことが大事です。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

人工透析の費用や問題点など

人工透析医療費は一人あたり年間約400万円ほどかかります。


透析を受けている患者さんや家族会などが粘り強い運動を展開した結果、医療費の自己負担は月1万円ほどです。
(05年時点)

人工透析における腎臓の役割は、正常な腎臓の約5%ほどしかありません。
そのため腎移植が求められているのですが、日本では脳死下の腎移植は極端に少ないのです。
結果的に人工透析に頼るしかなくなっています。


人工透析を行っても合併症などを引き起こすケースが非常に多いのも改善すべき点と言えるでしょう。


腎臓は体内の老廃物を血液から濾しとるという大変重要な役割を担っています。
この機能が衰えてしまうと、老廃物が血液に残ったまま全身を巡ることになってしまいます。


そのため腎機能が正常かどうかを調べるには血液中に老廃物がどれくらい残っているかをチェックするわけです。
一般には「尿素窒素」と「クレアチニン」の数値を計ります。
いずれも体内で発生した老廃物です。


これらの数値が高くなるということは、それだけ老廃物が血液中に残っているわけで、腎臓の機能が弱っていることになります。


クレアチニンの場合、3.0mg/dl を超えていると腎機能が相当弱っていることになり、腎不全になっていると判断されます。


7mg/dl になると末期症状であり、腎臓はほとんど機能していません。
こうなると人工透析を行う必要があります。


↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

前立腺肥大症と前立腺がん PSA値など

男性で「尿が出にくい」「勢いがない」「残尿感がある」などの排尿の悩みは無いでしょうか。


これらは、前立腺の肥大によって尿道や膀胱が圧迫されて起こる症状の一部です。

前立腺に良性のこぶが出来るのが前立腺肥大症です。


熟年以降の男性に発生し、高齢化や食生活の欧米化に伴い、日本でも急増中でここ50年で75倍にもなっています。


症状が進行すると、尿失禁や、尿閉(尿が出ない)、腎不全、尿毒症を起こすこともあります。


こうした前立腺の異常を知る手段としては、血液中の前立腺特異抗原(PSA値)の測定があります。


PSAは、血液検査だけでよいので、前立腺がんの集団検診でも用いられる検査です。


前立腺がんは若年層ではほとんど発症せず、50歳以降で多くなり、年齢が進むにつれて発症率も高くなります。


日本泌尿器学会によると、07年現在で50歳以上の男性の約230人にひとりが前立腺がんにかかるそうです。


初期状態で前立腺がんは自覚症状がほとんどありません。

しかしPSA検診は前立腺がんの早期発見に非常に有効であり、PSA検診が普及したことで前立腺がんが進行するケース(転移など)は非常に少なくなっています。


前立腺がんを防ぐという意味だけでなく、ある程度の高齢になったら血液検査などの健康診断を定期的に受けておくと安心です。


ちなみに前立腺がんはアメリカで最も罹患率の高いがんとされています。
(05年現在)


また、前立腺肥大症が前立腺がんのリスクに直接つながることはありません。


【送料無料】 DEMECAL 男性用ガン総合検査セルフチェック
【送料無料】 DEMECAL 男性用ガン総合検査セルフチェック

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

腎臓は働き者で倹約家

腎臓は毎分1リットルの血液をろ過し、尿の元になる原尿を一日に150リットルほども作っています。


血液から不要な成分や有害成分を取り除いてキレイにしているわけです。

それを毎日毎日150リットル分行っているというのは、小さな臓器にしてはかなりの激務と言えるでしょう。

原尿に含まれる水分、アミノ酸、ブドウ糖などは腎臓を通るうちに再吸収され、尿になり体外に排出されるのは原尿のわずか1%、1.5リットル程度です。


つまりいったんろ過しておいて、不要分を排泄するだけでなく使えそうな体内資源を再利用しているわけです。


「働き者で倹約家な臓器」と言えそうです。
いま風に言うなら「エコな臓器」でしょうか?


腎炎・ネフローゼ・腎不全などの疾患で腎臓の機能が失われると、元に戻ることはありません。


腎臓が全く機能しなくなると生命にかかわるので人工透析が必要になります。

すると一回あたり5時間、週に3回ほど(時間や頻度には症状によって差があります)の人工透析を生涯続けなくてはいけません。


生活への負担は非常に大きくなると言えるでしょう。


また、たんぱく質や塩分、水分の摂取を厳しく管理する必要があるので食事にも様々な制限がかかるようになります。


腎臓の疾患は暴飲暴食などの食生活の乱れ、慢性の疲労などにより発症し、高血圧、糖尿病、痛風といった病気が原因で腎臓の病気を引き起こすこともあります。


楽天の腎臓・尿検査キット一覧です


ふんわり応援団 たんぱく調整パン ふんわりセット
ふんわり応援団 たんぱく調整パン ふんわりセット

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ