狭心症対策のための食品

狭心症に効果のある食品として、昔からラッキョウがよく知られています。

これはラッキョウが血管に効くからで、同様の理由から霊芝も狭心症に良いとされています。


葛きりの原料になる葛も効果があるようです。筋肉の働きや血の流れが緊張でうまくいかない時に、その緊張を緩めてくれます。


いわゆる「血液サラサラ食品」も良いでしょう。
玉ねぎ、大豆食品、梅干し、酢を使った食品、青魚などですね。


ウイスキーなどのお酒を少量飲むのも、血行を良くするので狭心症対策にはなります。
ただしあくまで適量を守らなければいけません。飲みすぎては逆効果です。


狭心症は高血圧や糖尿病などの生活習慣病による動脈硬化が原因で起きる場合がほとんどです。
現代は食事の洋食化が進み、それに伴って生活習慣病も増えています。


ということは、狭心症対策になる食事を大きなくくりでとらえると「塩分を控えた、昔ながらの和食」であるとも言えるのではないでしょうか。


前述の食品にも和食が多く目につきます。
外食する場合でも「迷ったら和食」を選ぶのが正解です。


狭心症の薬はニトログリセリンが代表的ですが、動悸がひどくなったりする副作用があります。


ニトロには血管を広げる働きがありますが、あくまで痛みを止める薬です。
治療薬としては冠状動脈を広げる薬などを地道に飲まなければいけません。


楽天の血流改善サプリメント一覧
購入者の感想が多い順に紹介されています。


狭心症・心筋梗塞―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
狭心症・心筋梗塞―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Com (2) | Tb (0) | ページトップヘ

狭心症とは

階段を急いで上がったりすると、胸が痛くなることはありませんか?


もし覚えがあるなら、狭心症が疑われます。


狭心症の原因となっているのは高血圧や糖尿病、高脂血症などに伴う動脈硬化です。


冠状動脈を流れる血液が動脈硬化などでスムーズに流れないと、狭心症になります。


血管壁が厚みを増し、血管が細くなると、十分な血液・酸素が心筋に供給されなくなります。
その際に痛みを感じるのです。


急に運動をしたときに痛みが出やすいとされています。進行すると心筋梗塞を引き起こすため、早期発見が大切です。


狭心症の痛みの特徴として、心臓が痛むとは限らないことがあります。
胸の真ん中や背中、あるいはノドが詰まるような感覚になる場合もあるようです。


予防するには太り過ぎないようにすることが第一です。


あとはストレスをためないようにして、お酒もほどほどに。
タバコを吸わないようにするのは言うまでもありません。


熱すぎるお湯に入る入浴や、脱衣場と浴室で温度差が大きいのもリスクが高くなります。


また、睡眠不足も心臓に負担をかけます。睡眠の習慣が不規則なのも血圧のリズムが狂ってしまいます。


いわゆる生活習慣病を予防する心がけと変わらないと言えそうです。

高血圧や糖尿病、高脂血症といった生活習慣病を予防することがすなわち狭心症を予防することだからです。


名医の図解 狭心症・心筋梗塞の最新治療と発作を防ぐ安心読本
名医の図解 狭心症・心筋梗塞の最新治療と発作を防ぐ安心読本

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ