ヘッドホン難聴 音量の上限や対策は? 日経プラスワンの記事

携帯型のデジタルオーディオプレーヤーが普及し、街中でもイヤホンを着けて音楽を聴く人が増えています。


中には、外部に音が漏れるほどの大音量で聴いている人もいるようです。


こうした行為は、公共交通機関では周りの迷惑となるだけでなく、聴いている本人の耳にもダメージを与えてしまいます。


2011年4月2日の日経プラスワンに、ヘッドホン難聴に関する記事がありました。

ポイントを箇条書きでお知らせしてみます。

・音は耳の中にある「有毛細胞」で感知されている

・有毛細胞には「感覚毛」があり、有毛細胞および感覚毛は非常に繊細で、一度抜けたり、傷ついたりすると再生しない

・つまり、聴力を失うと回復するのはほとんど不可能(慶応大学医学部耳鼻咽喉科 小川 郁教授)

・国の労働安全衛生のガイドラインでは、85デシベルの音を8時間以上聞かないよう定めている


具体的な対策としては、次のようなものがあります。


・ヘッドホンで音楽を聴く際は、普通の会話が聞こえる音量にし、時々ヘッドホンをはずして耳を15分程休める

・耳の聞こえ方に違和感を感じたら、病院へ行く

・電車などの中では、音量を大きくしすぎない

・ヘッドホンメーカーのオーディオテクニカさんは、電車など周囲が騒がしい場所では、耳栓のように装着するタイプのヘッドホンを勧めている 外部の音を遮断することで、小さな音でも明瞭に聞くことができるから

・また、ノイズキャンセリング機能がついたタイプも良い 列車の走行音など、不要な音が除かれるので、必要な音が耳に届きやすい

・85デシベル以上の音量が出ないタイプのヘッドホンも発売されている 英語の勉強や、ゲーム機を使う子供の耳を守るためにも使用を検討する価値あり 


(お知らせ)
5/29(日)に、福岡県小郡市で青山繁晴さんの講演会があります!

近くにお住まいの方は参加してみてはいかがでしょうか?
私も行きたい・・・。


詳しくはこちらをご覧ください。
青山さんのブログへつながります。


骨伝導ヘッドホン AUDIOBONE FIT [オーディオボーン フィット]
骨伝導ヘッドホン AUDIOBONE FIT [オーディオボーン フィット]

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

耳の痛みと風邪・航空性中耳炎 防止法 イヤープレーンの効果 ヤフーや楽天へ

年末年始は飛行機を利用する機会が増えます。

快適な空の旅ですが、「着陸する時に耳が痛くなるのだけはキツい」という方もいるのではないでしょうか。

実は私もそのクチです。


耳の痛みはほとんどが自然に治りますが、風邪などで耳菅が詰まっていると、中耳炎を引き起こすこともあります。

耳の痛みは、鼓膜の内側と外側に生まれる気圧差が原因で発生します。

風邪や鼻炎で耳菅が詰まった状態だと、この気圧差を解消できないため、鼓膜が引っ張られて充血したり、耳の内側に浸出液が漏出し溜まることがあります。


これが航空性中耳炎です。
一般の飛行機利用者だけでなく、パイロットや客室乗務員もかかるそうです。


飛行機を利用した後、耳の痛みが長引いたり、難聴、頭痛、耳鳴りといった症状があるなら、航空性中耳炎かも知れません。


航空性中耳炎を防ぐポイントを挙げてみます。


・風邪をひいた状態で飛行機に乗らない
・耳が痛くなったら、つばを飲み込む、あるいは耳抜きやあくびをして圧力差を無くす


飛行機搭乗時の耳の痛みがあまりにも強いなら、「イヤープレーン」という特殊な耳栓を使うのもひとつの手段です。

イヤープレーンはシリコンでできており、中心部にはセラミック製のフィルターを内蔵しています。

このフィルターが、耳に伝わる気圧の変化を緩やかにするため、耳の痛みを和らげてくれるのです。


使い方も簡単で、離陸・着陸時に耳に装着するだけです。

もちろん、普通の耳栓としても使えます。

イヤープレーン 楽天市場での一覧です
イヤープレーン ヤフーショッピングでの一覧です
女性用・子供用もあります。
どちらも購入者の感想が寄せられています。


イヤープレーン 1ペア
イヤープレーン 1ペア

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

車酔いの原因・予防法など

「帰省ラッシュ始まる」というニュースが聞かれるようになりました。


長時間のドライブが多くなるこの時期は、車酔いに悩まされるケースも増えるのではないでしょうか。

車酔いは耳の奥にある三半規管により起こります。

三半規管は身体のバランスを司っています。


車などに乗って身体が揺れるとリンパ液も常に動くことになります。

すると「身体を自分では動かしていないのに、身体全体が揺れているし、周りの景色は動いている」という感覚のズレが起きてしまいます。


これにより体が変調をきたし、気分が悪くなる「酔い」が発生するのです。


車酔いを起こす要因には次のようなものがあります。


極度の空腹・満腹 睡眠不足 疲労 車内での本や地図、テレビ画面の凝視 車内のにおい ガソリンのにおい 


車酔いを避けるにはこれらの要因を極力避けるようにしましょう。

また急ハンドル、急発進や急停止などで体が揺さぶられると酔いが激しくなります。


「車酔いするかもしれない」という心理的不安も車酔いの原因になります。

座席では後部座席の方が車酔いしやすいそうです。


車酔いを防ぐポイントをまとめてみます。


・睡眠を十分にとっておく
・お腹は適度に満たしておく
・遠くの景色を積極的に見る
・同乗者と会話を楽しむ
・余裕を持った運転をする
・酔い止めの薬を飲む
・車内の換気をする(ただし渋滞時には排気ガスを入れないように内気循環をします)


ちなみに私は普通に座っている分には車酔いも船酔いもまず起こしませんが、助手席で地図などを見たりすると一撃で酔ってしまいます。


酔うまでにおそらく3分もかからないのではないでしょうか。


おかげで昔友人とドライブする時は「ナビ役」をすることは無く、運転専門でした。


カーナビが発達したいまではあまり関係なくなりましたが。


楽天の乗り物酔い対策グッズ一覧です
酔い止め薬や酔い止めバンドなどが紹介されています。
感想も寄せられています。


酔い止めリストバンド ブラック
酔い止めリストバンド ブラック

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

めまい予防のために注意すべき生活習慣 前かがみ、横向きなど

めまいメニエール病センター長で東海大学元教授の高橋正紘医師によると、めまいを予防するために、生活習慣として心がけるべきことがあるそうです。


めまいは平衡感覚が無くなったり、身体がグルグル回るような錯覚があるなど、症状としてはショックがかなり大きいため深刻に考えがちです。


また、「メニエール病ではないか」とも連想されることが多いようですが、高橋医師によるとめまいの80%以上はいわゆる「良性」で、それほど心配する必要はないそうです。


高橋医師は日頃の姿勢など生活習慣でめまいは予防することが可能だと主張しています。


注意すべき内容としては


・前かがみの姿勢(草むしり、床の雑巾がけなど)は長時間続けない
・横になってテレビを見るのはやめる
・低すぎる枕は避ける


といったものがあります。


耳の鼓膜よりさらに奥には「内耳」と呼ばれる部分があり、主に身体のバランスをとったり、音を感知する働きをしています。


内耳は「前庭」という場所で重力を感じ、「三半規管で」身体のバランスをとっています。


前庭には耳石という小さな石のような物質が付いているのですが、上で紹介したような姿勢をとりつづけると前庭の耳石が外れて三半規管に入り込むことがあるそうです。


するとめまいや吐き気を催してしまうのです。


こうしたケースでは、頭や身体を動かすことで耳石を元の場所に戻す治療が施されます。


もちろん、医師の適切な指導が必要です。


七種類の生薬が不快症状を改善 【普導丸】 めまい,乗物酔い,口臭,気分不快に 20包 (医薬部外品)日野製薬
七種類の生薬が不快症状を改善 【普導丸】 めまい,乗物酔い,口臭,気分不快に 20包 (医薬部外品)日野製薬

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

メニエール病の患者数やなりやすい人 兆候・改善法について

メニエール病は難聴、耳鳴り、めまいといった症状が少しずつ進んでいく病気です。


内耳に水がたまる「内リンパ水腫」によって、感覚細胞の機能に支障が出ることで発症すると考えられています。


働き盛りの男女に多く、男性では40代、女性では30代が発症のピークなのだそうです。

05年に厚生労働省が行った調査では、全国に5万7千人の患者がいることがわかっています。


また、同省が02年度から04年度にかけて行った患者の特徴についての調査では、
患者は


周囲の目を気にする
嫌なことがあっても我慢する
他人に負けないように努力する


という傾向が強いことが判明しています。
こうした気質の人はメニエール病になりやすいと言えそうです。


メニエール病では、兆候として低音部の難聴から始まることが分かっています。


その後耳鳴り、高音部の難聴、めまいと症状が進むようです。

この他にも耳がつまる感じが数日続くようであれば、メニエール病かもしれません。

念のために耳鼻咽喉科を受診しておくと安心です。


「メニエール病は治らない」というイメージもあるようですが、最近の研究では改善法もわかっており、完治する例も増えているそうです。

具体的には


・定期的な有酸素運動
・睡眠時間を確保する
・物事をあまり深刻に考えすぎない
・ストレスの軽減および適切な気分転換
・薬を用いる従来の治療


といったことです。
ただし、ストレスの多い環境や本人の気質がある程度変わらないと、改善も難しくなります。


また、病気を早期に感知して対処が早いほど治癒率も高くなるそうです。


メニエール病に関してはこちらにも記事を書いています。


やさしく理解できるメニエール病の自己管理―めまいと耳鳴り、難聴
やさしく理解できるメニエール病の自己管理―めまいと耳鳴り、難聴

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

耳鳴り治療法TRTとは 

耳鳴りの治療法のひとつに「TRT」があります。


TRTとはTinnitus Retraining Therapyの略で、「耳鳴り順応療法」と訳されます。


その訳からもわかるように、「耳鳴りを消してしまう」治療法ではありません。
「耳鳴りに慣れてしまう」ものです。

「耳鳴りを気にしないようにする治療法」とも言えるでしょう。


耳鳴りが苦痛なのは、その「キーン」といった音を意識してしまうからで、いったん意識してしまうと耳鳴りが四六時中気になって多大なストレスを感じるようになります。


それでは耳鳴り音を意識しないようにすればいいのではないでしょうか?


日常生活で常に耳にしているはずの冷蔵庫・エアコンの動作音や、窓の外の雑踏や車の音と同じように耳鳴りを気にしなくなったら、ストレスも大いに軽減されることになります。


耳鳴りの原因を突き止めるのは難しい場合が多く、根治は望めないこともあります。

それなら耳鳴り自体を苦痛でないものにすればよい、という発想からTRTが生まれたのです。


TRTでは患者は耳に補聴器のような器具(TCI と呼ばれます)を着け、常に一定の音が聞こえている状態になります。

同時に耳鳴りも起こっているわけですが、意識はTCI からの音に向けられるので、耳鳴りの不快感が軽減されます。


いわば耳鳴りを「気にしない」状態になっているわけです。


このTCI を一日4~8時間着け、1~2年という単位で治療を続けます。


根気が必要な治療法ですが、改善率は1年で7~8割に達するという統計もあります。


効果は高いと言えそうですが、TRT療法を行っている医療機関はまだ少ないようです。


耳鳴りの改善、耳鳴りが消えた、耳鳴りがスッキリ!それが「ちょうかいおん」
耳鳴りの改善、耳鳴りが消えた、耳鳴りがスッキリ!それが「ちょうかいおん」

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

めまいの症状や原因 特に注意すべきめまいなど

めまいは比較的頻繁に見られる症状ではないでしょうか。


めまいの原因と考えられるものは非常に多く、数十種類の疾患が関係しているとも言われています。


その中でも多いのが内耳、脳の不調が原因となっているめまいです。

原因が多い分、めまい自体の出方とそれに伴う症状にもいろんな種類があります。


めまいの出方としては自分や周囲がグルグル回る、身体がフワフワするように感じる、といったものがあります。


内耳が原因のめまいでは自分や周囲が回る感覚に襲われることが多く、耳が詰まるような感じ、耳鳴り、難聴や吐き気を伴うこともあるようです。


脳の不調が原因で起きるめまいでは、回転する感覚と共に身体がフワフワするように感じることがあります。

こうしためまいは、脳梗塞、脳出血、小脳腫瘍など非常に危険な脳疾患のサインの場合があり、緊急に対処する必要があります。


また、このような「危険なめまい」では頭痛、手足のマヒ感、意識障害、ろれつが回らなくなる言語障害などを伴うのが特徴です。


めまいに加えてこれらの症状が出た場合は救急車を呼ぶなど一刻も早く対処しましょう。
「たかがめまい」と考えてはいけません。


その他めまいは過度のストレスや自律神経の不調、血液中のブドウ糖不足でも発生します。


徹夜を続けて睡眠のリズムが崩れたり、ダイエットで食事を抜いたりするとめまいが起きることがあるのです。


こうしためまいでは内耳にも脳にも「特に異常は見られない」と診断されることがほとんどで、ストレスを抑え、普段の生活と食事を整えることが何よりの治療になります。


めまいは自分で治せる (8000人の患者を治した「奇跡のメソット」)
めまいは自分で治せる (8000人の患者を治した「奇跡のメソット」)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

メニエル病について 症状や原因、有効な栄養や対処法など

メニエル病では「天井がぐるぐる回るようなめまい」を起こすのが典型的な症状で、耳鳴りや難聴、吐き気が加わることもあります。


メニエル病は50歳までの男性に多いことが分かっています。
また、季節の変わり目や天気が悪くなるときに発症することも多いようです。

メニエル病は、耳の奥にある「内耳」という部分の不調で起こります。


内耳には内リンパと呼ばれる液体が満たされています。

何らかの理由でこの液の量をうまく調節できなくなると内耳が腫れてしまい、神経を圧迫することがあります。


その結果めまいや耳鳴りが発生し、メニエル病になってしまうのです。
不調をひき起こす「何らかの理由」としては、有力なものがいくつかわかっています。


まず理由の筆頭として挙げられるのはストレスです。

メニエル病を発症する人のほとんどは何らかのストレスを抱えていると言われています。


仕事で緊張状態が続いている
長時間働く
責任感が強い
真面目で几帳面
いつも気が急いている


といった、いわゆる「A型気質」の人は特に注意が必要です。


このほかにも睡眠不足、過労、喫煙、過度の飲酒、食生活の乱れなどもメニエール病をひき起こす要因になります。


対処法としては、まずは上記の要因を可能な限り取り除くことです。

現代社会でストレスを受けないのはほぼ無理かもしれませんが、気分転換を図るなどしてできるだけ軽減させてみましょう。


あとは生活習慣・食生活を整えることです。


メニエル病対策の栄養素としては、ビタミンB群、C、Eが有効とされています。
これらは抗ストレス・抗酸化の栄養素の代表だからです。
その他たんぱく質、カルシウムも良いでしょう。


反面、塩分と水分を過度に摂りすぎるとメニエル病を悪化させてしまうというのが通説になっています。


メニエール病についてはこちらにも記事を書いています。
Newバイタルビー(低分子ハチの子100) 96粒 【健康若葉】
Newバイタルビー(低分子ハチの子100) 96粒 【健康若葉】

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

バスで最も車酔いしない座席は?

バス座席で最も車酔いをしないのは「最前列の左側」の席とされています。

揺れと遠心力の影響が最も少ないのがこの席だそうです。
上下の揺れが少ない真ん中の席も酔いにくくなります。


ちなみに船酔いなどが極端にひどくなり、嘔吐を繰り返すと脱水症状を起こすことがあります。
非常にまれなケースですが、脱水症状から死亡した例もあります。


車酔いは小中学生の年代である15歳ごろまでに多く、それ以降の年代では少なくなります。
しかし成人でも車内で読書や携帯電話の操作などをすると酔ってしまうことがあります。


また食べ過ぎ・空腹・睡眠不足の状態でも酔いやすくなるようです。


車中では進行方向を向き、遠くの景色を見る、会話をする、音楽を聴く、あるいは寝てしまうのも良い手です。

酔い止めの薬を服用するのも、もちろん効果的です。


最近はペットの犬も車に乗ることが多くなっていますね。
犬も車酔いをすることがあるそうです。
犬も車酔いすると吐いてしまうことがあるだとか。


犬の車酔いを防ぐためには、車に慣れさせていることが大事です。


また、お腹が満腹になっていると酔いやすくなるのは犬も同じのようで、乗車まえに物を食べさせるのは良くありません。


車の急発進や急ブレーキ、急ハンドルなどもやらないようにしましょう。
これは人間の酔い防止も同様ですね。


ペットの車酔い対策グッズ一覧です
車酔い止めシロップなどが紹介されています。


シーバンド SEABAND 乗り物酔い、妊娠中のつわり対策 グレー
シーバンド SEABAND 乗り物酔い、妊娠中のつわり対策 グレー

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

飛行機騒音と子供の学習能力

慢性的に航空機騒音を聞いている空港近くの子供は、認知機能の発達に遅れが見られるとする研究が、05年 6/4付けの英医学誌「ランセット」に発表されました。


これは空港近くに住む児童約2800人のデータを基に割り出されました。


子供はいずれも9歳か10歳で、騒音レベルが5デシベル上がるごとに、特に読解力については2ヶ月程度の遅れが生じると結論付けています。


騒音の大小には20デシベルの差があり、それにより最大で8ヶ月程度の読解力の遅れが生じるとしています。


この研究で不思議なのは、同様に調べた交通騒音については、逆に記憶レベルが上がる場合もあったことです。


しかし飛行機・車いずれの場合でも、子供の生活の質が低下していることに変わりはありませんでした。


ドイツでは、ミュンヘンの大型国際空港が開港された周辺の小学校と、閉鎖された旧空港周辺の小学校で学力の比較調査が行われたことがあります。


この調査で、閉鎖された空港周辺の小学校では児童の読解力・記憶力が向上し、新空港周辺の学校の児童は学力が低下したことがわかりました。


日本で行われた調査によると、航空機の騒音に日常接している子供には


・カゼをひきやすい
・食欲不振
・人間関係に消極的


という特徴が見られるようです。


飛行機の発着音が生活の一部になっていて慣れていることが考えられるとはいえ、やはり騒音は無意識にでも影響を与えているようです。


子どもの能力を引き出す親と教師のためのやさしいコーチング
子どもの能力を引き出す親と教師のためのやさしいコーチング

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ